卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

Category: イラン

Tags: ---

Response: Comment 1  Trackback 0

イランのまとめ


エスファハーンから戻り、いつものマシュハドホステルで二泊。


中日はバスチケットの予約に行って来ました。

テヘランの国際バスはトルコ、アルメニア行きがあります。(アゼルバイジャンは調べてないので不明です。。)

トルコのイスタンブールまでは毎日13時出発。

首都のアンカラは火曜日・土曜日の週2便です。


私が予約しに行ったのは火曜日。

出発したいのは水曜日。。。



帳尻が合わねぇ・・・・



ビザの期限が迫っていたので、どうしても翌日に出ないといけなかったので、とりあえず懇願!



何と奇跡のOK!キタ(゚∀゚)コレ


毎日あるイスタンブール行きのバスに乗せてもらって、途中のアンカラで降ろしてもらうってことで話がつきました。

こういう融通の利く感じ、いいですね。



さて、みなさま。

今、イランの通貨イランリアルが大暴落中なのはご存知でしょうか?

どれくらいかっていうと、私がこのバスチケットを買うとき、ドル払いできるか聞きました。

国際バスの場合は可能のようです。


ちなみに、アンカラ行きはドルで$50。

リアルだと100万リアル→約$30。

なんと$20ものひらきがあったんです!


もちろん、リアル払い~♪ヽ(・∀・)ノ


イラン経済としては最悪の暴落ですが、旅行者にはとっても嬉しきことですね。

イラン旅行を考えてる方、今がチャンスです!!



こうして、私は翌日アンカラ行きのバスに乗ってイランを後にしました。

一緒に過ごしたジュリーはトルクメニスタンへ。

リーとダニーはアルメニアへ。

エトはインドへ。

全員が違う方向へ進みました。


少し寂しいですが、私にとってみんなで一緒にいれたことは最高に楽しい時間でした。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*


さて、ここからは1ヶ月旅をしたイランの感想を正直に書いていきたいと思います。


私はパキスタン・イランとイスラム圏に2ヵ月半いました。

そこで第一に思ったのは、イスラム教に対する誤解です。

アフガニスタン、イラク、シリアなどのイスラム圏で起こる内戦やテロの報道がどうしても頭の中で先にきてしまっていましたが、ムスリムの人がこれほどまでに心が清いとは思ってもみませんでした。

一部のテロリストのせいで大多数のムスリムを悪く思ってしまっていた自分が正直、情けなく、恥ずかしくなりました。

どこに行っても、君は僕たちのゲストなんだと暖かく迎え入れてくれた現地の人たち。


パキスタン初日の夜、宿のスタッフに

日本でパキスタンってどうやって報道されている?

と聞かれたとき、やっぱり危険なことしか思い浮かびませんでした。

ほんの一部のテロリストとメディアで、ムスリム全体が世界中で悪く思われてしまうのは本当に悲しい。と言われたのは、初日の私には反省の一言になりました。


そして、どちらもムスリムであるパキスタンとイランでも大きく違うこと。

これは私の印象ですが、パキスタン人は純粋にイスラムを信仰し、愛している人が多かったです。

一方、イランは国がイスラムを国民にプッシュして、社会全体をイスラムで覆っている雰囲気がありました。

もちろん、純粋にイスラムを信仰している人もたくさんいますが、特に若い人には少し足かせになっている印象でした。

これは、シーア派・スンニ派の違いというよりは、それぞれの国の社会の成り立ちの違いから生まれたものだと思います。



宗教というのは、その人の根本の部分を創っているものだと私は思っています。

日本人である私たちには理解しずらいですが、彼らにとって宗教とは人生を捧げた全てなのです。


私はどの宗教の人も尊敬しています。

私なら、自分の人生を神様に任せることなど怖くてできないからです。

彼らは何かあったとき神に聞き、自らの運命を受け入れる潔さがあります。

自分だったら絶対にジタバタしてしまうことも、すんなり受け入れる力があるのです。

その強靭な精神が本当にすごいな、と思わせてくれるのです。


1日5回のお祈り?女性は肌見せ厳禁?バカバカしい、と思うより、それに従順して暮らしている人たちが純粋にすごいと思うのです。


信仰心の強いイスラム圏に2ヶ月半いれたことは、私にとって本当に良い経験になりました。

これからの一生では代えられないものを得たと思います。

それは、現地に行った自分だけが掴んだ財産です。

私はこの経験と財産が錆びないように、これからの人生の中でも磨いて暖めていきたいと思います。


素敵な経験と素晴らしい出会いをありがとうございました!

パキスタンにもイランにも感謝です。



さぁ、旅はまだまだ先に進みます!!

IMG_3072_R.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
05

Category: イラン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

世界の半分ではじける


半ば強引に連れて来られたエスファハーン(2回目)。

私たちが行った時期はどんぴしゃで祝日に当たったため、巡礼地であるエスファハーンは静まり返っていました。


そんな中でも、ちゃんと遊ぶことを忘れてはいけません。



エマーム・ジュリーww

IMG_3037_R.jpg

似すぎて全員、大爆笑w

彼は何回もイラン人に間違われていましたからね。納得。


イラン全土かはわかりませんが、祝祭日には無料でご飯が配られます。

IMG_3062_R.jpg

一箇所だけではなく、結構そこらじゅうで配っています。

このときは、オシュというイランの伝統的な料理を食べました。

私はオシュが苦手なので見てるだけ~~~。

IMG_3066_R.jpg

IMG_3063_R.jpg

無料だけあって、決しておいしいわけではありませんが、ほとんどのレストランが閉まっているので旅行者の私たちにとっては有難いことでした。



エスファハーンにいた4日間は結構いろいろなことをしました。

前回行けなかった橋に行きました。

IMG_3073_R.jpg

ライトアップ素敵です!

IMG_3081_R.jpg



ダニーの髪を切ってあげました。

IMG_3059_R.jpg

中国人ってみんな角刈りなのに、彼はツーブロックが好きらしい。

日本LOVE!なダニーちゃん、髪型だけでなくファッションも日本人にそっくりでした。



陽が沈むと、イランではやることがなくなります。

厳しいイスラム国のイランでは酒もないし、夜に遊びに行けるとこなんてものなく、早々とみんなシャッターを下ろします。

みんな夜は何して遊んでいるんだろう・・・・

気になりますね。


夜、私たちはひたすら映画を見ていました。

IMG_3087_R.jpg

今日は何の映画見る?でかなり論争したこともありました。





ある夜、少々頭がぶっ飛んでいるジュリーがいきなりマッキーペン(油性)を持ち出してきて、


めぐみ!これで俺の背中に絵を描いてくれよ!


と言ってきました。




この人、本当にバカ?


と思いましたが、快諾。

何か普通におもしろそうですよね。←この時点で私はジュリーのペースに引き込まれています。



で、結局エマーム・ホセインの祝日だったので、エマーム・ホセインを描きました!

IMG_3084_R.jpg

人の体にこんな大きな絵を描くのは初めてだったんですが、結構おもしろかったです。


これを見たジュリーはだいぶ気に入ってくれたようで、


今度はこっちに動物描いて!


とリクエストしてきました。


悩んだ結果、腕に蛇、お腹に虎を描きました。

IMG_3086_R.jpg

何かわかんないけど、このお絵かき大会すごく疲れました。

久しぶりに集中力を使った気がします。



そんな毎日をエスファハーンで過ごし、私たちは再びテヘランのマシュハドホステルに戻るのでありました。

IMG_3038_R.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
04

Category: イラン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

エスファハーンagain


温泉から帰って来て、ほっと一息。

ある日、わがまま気分屋のジュリーが言いました。




みんなでエスファハーン行こうぜ!!








え、私行ったんだけど。



私はもう行ったからいいよ。他のみんなは行ってないんでしょ?行ってない子と行ってきなよ。




そうか!めぐみはもう行ってきたのか!じゃあちょうど良いね!



案内してよ。






え・・・・??(・∀・;)






めぐみが案内してよ!もう一回行けばいいじゃん!




ね?YESでしょ??





ががががが・・・・・ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿




O・・・・・・OK・・・・・。






っというわけで、ジュリーに無理やり連れて行かれた再びのエスファハーン。

私のこのボランティア魂は我ながら素晴らしいと思います。

イランは宿、ご飯、交通費、全てにおいて安いので実現できました。



エスファハーンに行ったメンバーはこちら。


わがまま気分屋のウズベキスタン人ジュリー。

IMG_3003_R.jpg



他人のことは興味なし、不思議な中国人リー。

IMG_3001_R.jpg



生きがいはジョーク。5分に1回言われるジョークはまったく笑えない中国人ダニー。

IMG_3002_R.jpg


そして私の4人で行ってきました。



やっぱり何回見てもエスファハーンは美しいです。

IMG_3026_R.jpg


IMG_3017_R.jpg


さすが、世界の半分と賞されただけありますね。

パキスタンのモスクとは違います。

モスクの象徴的な形は同じですが、内装、柄、雰囲気・・・・凝ってるのはやっぱりイランだなぁと思いました。


さて、私たちがエスファハーンに行った日はエマーム・ホセインの祝日で、お祝いのための準備などで3日間町の店のほとんどが閉まっていました。

もう一つのモスクや宮殿にも入ることができませんでした。


エマーム・ホセインが何かをした日らしいのですが、なぜかモスクには兵隊や戦争の写真がありました。

IMG_3034_R.jpg

これは大変不思議なことです。

どこの世界を見渡したって、戦争が好きで戦っているところなんてないわけで。

ましてや、こういう偉人を祝う祝日に戦争??なんで?と思いました。


イスラム教のジュリーは怒り爆発!

何で神聖なモスクでこんな写真を!!と言っていました。


イスラム教の人たちは決して戦争が好きなわけではありませんし、望んでいるわけでもありません。

みんな、心が純粋でまっさらな人ばかりです。

ましてや、戦争に関係ない祝日で戦争の写真ですから。

本当に不思議でした。





イスラムで大きな祝日を祝うときは牛や羊をまるまるさばきます。

IMG_3035_R.jpg

これはモスクの入り口前にあったものです。

袋につつまれているのが牛?羊?で、周りがさばいたときの血です。


「コーラン(クルーアン)」(イスラム教の聖典)によると、
汝らが食べてはならぬものは、死獣の肉、血、豚肉、それからアッラーならぬ(邪神に)捧げられたもの、絞め殺された動物、打ち殺された動物、墜落死した動物、角で突き殺された動物、また他の猛獣の啖(くら)ったもの―(この種のものでも)汝らが自ら手を下して最後の止めをさしたものはよろしい―それに偶像神の関団で屠られたもの(第五章四節)



ふふん、この一節を読むと上の写真が少し理解できますね。


みなさん、イスラム教については少しばかり興味がわきましたでしょうか?

私はイスラム圏を旅するようになってから、彼らの生活と宗教がどれだけ近い存在でイスラムがどんなものであるか、ゆっくり少しずつ噛み砕いて理解しています。

実際にはまだまだ理解できない部分が大半ですが、いろいろな視点でムスリムに注目すると宗教の分野で一番奥が深く、おもしろいかもしれません!

興味がある方は、エマーム・ホセインの祝日になぜ戦争の写真だったのか調べてみてくださいね!笑



IMG_3030_R.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

02

Category: イラン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

1泊2日の温泉旅行


イランの中で何もすることがないと言えば、テヘラン。

そのテヘランでぐだぐだといつものメンバーで過ごし、バザールに行ったり

IMG_2979_R.jpg


ご飯食べたりしてました。

IMG_2980_R.jpg

(↑サンドウィッチほおばるジュリー)


IMG_2982_R.jpg

(↑食べてるとこ撮るなーと言わんばかりのエト)





そして、ある日気分屋のジュリーより。



温泉に行こうぜ!



との提案がありました。


イランで温泉??

と思ったんですけど、そうやらテヘランよりカスピ海側に向って100km行くと温泉が湧き出ている村があるというのです。

しかし、ここはイラン。

女子は温泉に入れるのか?!

と思ったんですけど、どうやら大丈夫なようです。




っといわけで、温泉に行ってきました!!!


IMG_2996_R.jpg


現地人がサポートしてくれたので、バーベキューしたり

お酒を飲んだりしました。

IMG_2994_R.jpg

イランで奇跡のスミノフに感動。



この村はとにかく山が壮大で本当に綺麗でした。

温泉はみんなで入るというよりも、ゲストハウスの中にあるので個別風呂だけどお湯は温泉という感じでした。

久しぶりのお風呂っていいですね。

やっぱり、日本人でよかったな~~と改めて思いました。



ご飯もおいしくいただき。

IMG_3000_R.jpg




みんなが寝静まったころ、最後まで残った私、ジュリー、エト、リーのいつもの4人で行われた地獄のNever and everゲーム。

このゲームは、1人ずつNeverとEverに関わる質問をしていきます。

例えば、「私はイルカにキスしたことあります」

と質問者が言って、他の人が1人も同じ経験をしたことなければ質問者が一気飲み。

他の人があればそこからは多数決になります。(ある1人、ない2人→少数側が飲みます)


このゲームはカテゴリーを決めていくと結構盛り上がります!


私はこのゲームにより、44℃のスミノフを何杯もかけられ、今でこそ8割はそのときの事を覚えていませんw

これは大変、恐ろしいかつ楽しいゲームでしたww




そして翌日、テヘランに戻ってうだうだの毎日が始まったのです。

IMG_2989_R.jpg



ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
30

Category: イラン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

イランvsウズベキスタン戦


ヤズドからマシュハドまで約1週間一緒に旅をしたタカオくんとマシュハドの宿で別れ、私は再びテヘランに戻りました。

タカオくんには本当に感謝です!


テヘランで少し休んでから次の国へ行こうかなーと思っていたら、会ってしまったのです。。。

沈没メイトに。。。


っというわけで、彼らに誘われてイラン対ウズベキスタンのサッカーの試合を見に行ってきました。


メンバーはこの5人。

IMG_2971.jpg

左から私。

その隣、中国人のリー。彼とはパキスタンのラホールで一度会っていて、テヘランで偶然に再会しました。

その次がフィンランド人のエト。私と同じ22歳だけど中身が超大人!

その隣がウズベキスタン人のジュリー。ウズベキスタン人の旅行者に会ったの初めてで、しかも彼はチャリダー。

最後がイラン人のマジック。ジュリーの友達で私たちの面倒を見てくれた本当に親切な方です。


おもしろくもこの5人、国籍が全員バラバラ。



忘れてはいけません、ここはイラン。

何と、女性のスタジアム出入り禁止なのです。

さ~てどうやって入ろう・・・・みんなで考えた結果、


変装作戦!


になりました。


私はショートヘアーなので、帽子かぶって男の子の服を着れば少年のように見えるのではないか、という目論み。

ジュリーの服を借りて、帽子とマスク着用。


いざ、入り口へ!!



しかし、何とここで!


まさかの!!



ボディチェック!


警官がずらーっと並んで、一人一人こまめに入念に体の隅々を触ってチェック。。



いくら男になったつもりでも、一応私にも胸がありますから、バレるの確実。。




とりあえず、行ってみようってことで突っ込んでみたら


ボディチェックパス!!!




指一本触れられずに通過しました!!



キタ━━━ヽ(*´□`)ノ゙━━━ァ!!





と思ったのもつかの間。




既にこのとき、私が女であるということはバレていたのです。





ここでジュリーが警官と交渉に。




何と奇跡的に中に入れてもらえました!




スタジアム内には、2m間隔で警察が立っていて、とにかく厳重警戒体勢。


私たちはウズベキスタン側で観戦。


イラン人は大のサッカー好きで、この日は大雨&雹が降ったにも関わらず多くのサポーターが見に来ていました。

IMG_2970.jpg

IMG_2973.jpg



不安な天候の中、試合は中止になることなくスタート!

IMG_2964.jpg


ウズベキスタンはアウェイですが、応援団も負けてはいません。

IMG_2968.jpg

このおっちゃん、とにかくサッカー大好きらしく、今年の2月に行われた日本vsウズベキスタン戦も参加したらしいです。






で、結果!!!


1-0でウズベキスタンの勝利!

アウェイなのに勝った~すごい。


もちろん、ウズベキスタン人のジュリーは大喜び。

IMG_2974.jpg


私にとって国際試合はこれが初めてだったので、子どものように楽しむことができました!

ウズベキスタンおめでとう!!


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。