卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ボリビア出国


2週間弱いたサンタクルスを後にし、次に向ったのはボリビア最後の都市ラパス。

ラパスは事実上の首都となっています。(本当の首都はスクレですが、ラパスの方が都市化が進んでいるので政府機関などは全てラパスにあります)

標高が高い街が多いボリビア、ここラパスも3800mと高めです。

私はポトシで高山病になっていたので(ポトシの標高4090m)、既に体が順応しており、ラパスでは体調万全でした!


ラパスに到着した時点で、ボリビアのビザが切れるまで残り2日。

結構ギリギリです。


サンタクルスよりも都市化が進んでおり、街の広場にはヨーロッパを漂わせる教会や建物。

IMG_4794.jpg


ラパスの街は大きなすり鉢状になっており、下に行けば行くほど富裕層、上は貧困層が住む仕組みになっています。

なので、用事がないとき以外は上の方には行かない方が無難。治安の善し悪しが変わってきます。



宿から歩いて数十分。

眺めの良い公園に行きました。

IMG_4797.jpg

標高が高い街はどこもそうだけど、坂が多くて移動が本当に大変です。。

ただでさえ、標高が高いのに坂を上がったり下ったり・・・ちょっと歩くだけで息が切れます。

これにバックパックを持っていると更に過酷な状況に・・・笑


この公園、ボリビアにしては(?)穏やかな雰囲気で、たくさんのカップルのデートスポットになっていました。


IMG_4795.jpg



ちっ、リア充め(`Д´)


そういうラブラブシーンとか、こっちは求めちゃいねーんだ。



と言いつつ、私も記念撮影。

IMG_4799.jpg

南米に来てから、更にデブに磨きがかかっております。

顔がパンパンなのは、きっと標高が高いせいだね!!

私はそう信じてる。




ラパスに来て行きたかった泥棒市(盗難品やコピー品が安く売られている市場。木曜・日曜開催)は日にちが合わず行けませんでした・・・( ;∀;)

有名なオバプロ(おばちゃんたちが本気でプロレスする。日曜開催)も行けず。。

散歩だけでラパスを満喫しました!!





そして、ビザが切れる当日、ラパスからペルーのプーノへ。

コパカバーナ経由で行きたかったのに、こんな時に限ってストライキで行けない。。ツイてないな。。

しょうがないので、超ローカルバスに乗ってペルー手前まで。


ボリビア側のイミグレーションで出国審査を済ませて、




ボリビア、ばいばい!

IMG_4800.jpg


ゲートをくぐって、歩いてチチカカ湖を渡りました。

IMG_4802.jpg


ペルー側のイミグレでも無事に入国審査を済ませて、

17カ国目、ペルーに入国!!!

そこから更にローカルバスに乗ってプーノへ。



1か月ビザ満期までいたボリビア。

旅人との再会に、ボランティア、ホームステイ。。

スペイン語がわからずもここまで来れて一安心です。

助けてくれた皆様、ありがとうございました。


では次回からペルー編。

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
28

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

初めてのホームステイ


サンタクルスで2週間のボランティア(お手伝い)をやっている期間に、ボリビア人の方と結婚した日本人女性に会いました。

私とゆうこちゃんが路上でピアスを開けてるときに、話しかけて来てくれて仲良くなり、その後お茶をしました。

まさに、出会い中の出会い!!(?)


旅で会う人はやはり旅人が多いので、現地人と結婚して現地で生活している人に会えるのは、私にとってかなり新鮮。

ボランティアが終わる頃、我が家に泊まりにおいでよ!と気さくに声をかけて下さったので、お言葉に甘えて数日ホームステイさせて頂くことに。

私みたいに本格的貧乏バックパッカーは宿でもドミトリー(相部屋)に泊まるのが基本で、盗難に遭わないように常に気をつけてなければいけません。


常に気が張った状態で、結構これが精神的にくる。

旅疲れというのも、こういう日々のことからきていたのだと思います。。


なので、安心して寝れる場所、スペイン語ではない場所w、何よりも現地の方のお家にお邪魔させてもらえることは私にとって本当に良い経験だと思いました。




しょうもない私のお世話をしてくれたのは、早苗さんとリデさん。

早苗さんは日本に飢えていた私に日本食を作ってくれたり、日本の番組を見せてくれました!



コチラ、感動のお赤飯!!

IMG_4782.jpg

ご飯がモチモチしてるよ!!!!

すごくおいしい!!!!!!

肉じゃがも最高でした!!!!!!


「MEGUMIちゃんが来てくれたから、お赤飯作るね」

と言って頂いたときは、お赤飯が食べられることよりも、小汚いしょーもないバックパッカーが来たことにわざわざお赤飯を・・・という感動が大きかったです。

本当に感謝!!




それから、早苗さんリデさん宅には3日間お世話になり、リデさんの実家やお仕事場を見せて頂きました。

迷子になって迎えに来てもらったりw、HD壊してお世話かけたり・・・本当に迷惑をかけに来たようなこの私←

そんな私の奇行にも笑い飛ばしてくれたお二人。。

本当にすいませんでした。。。




そして、私がサンタクルスを出る当日。

何と!!

早苗さんがお好み焼きを作ってくれました!

IMG_4786.jpg


同じバックパッカーならわかるはず、お好み焼きの貴重さを。

世界各地、日本食屋はたくさんありますが、ソースを使った料理が圧倒的に少ないのです。

なので、ソース料理に巡り合えることは・・・ほとんどないです。


しかもお好み焼きとか、海外ではあまり知られていない日本食!!


幸せすぎる。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ♪



しかも、そのお好み焼きには・・・

IMG_4787.jpg

Feliz viajeの文字。

これは、スペイン語で良い旅をという意味です。


あ~~ん、もう感動!。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ここまでして頂いて。。。

感謝しか言葉が出ません。。



そして、出発のとき。

バス停までわざわざ見送りに来てもらって、私のバスが出発するまで待っていて見送ってくれました。


早苗さん、リデさん。そして愛犬ゆりあ。


本当にありがとうございました(´;ω;`)



IMG_4791.jpg

元気な赤ちゃん産んでください♪



こうして、私はサンタクルスを後にしてボリビア最後の街を目指すのでした!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
25

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 1  Trackback 0

サンタクルスでお手伝い


※ウユニ塩湖からの続きです。


ウユニでみんなと再会した後は、ひろこさんとポトシまで移動。

行きは急いでいたので、完全にスルーだったポトシ。よくよく街を見てみると結構おもしろそう。

標高が約4090mの街ポトシ・・・・そう、恐れていたアレですよ、アレ!





高山病!!


まさかの再発!!!!(゚Д゚;)






東チベット以来、二度目の高山病。

今回も若干、熱を伴いました。

よくよく考えれば、ウユニまで来るのにスイスからすごいスピードでやってきて、ちゃんと睡眠も取ってなかったし疲れもあってか・・・

東チベットのときもそうでしたので、みなさん高地に行く時は休憩をしっかり挟んで行きましょう!

そして、私は4000mを超えると高山病になるらしいですw


結局、ポトシの街歩きさえもできず、記憶はまったくないのですが三日間寝込んでました。

あの睡眠量からいっても、かなり疲れていたと思われ。


一緒に行ったひろこさんには本当に申し訳ない。。

ひろこさんには東チベットでも高山病でお世話なったのに、再会したと思ったらまたここでも・・・

きっと、ひろこさんの中で私のイメージは「高山病」なんだろうなww

本当にありがとうございました。そして、お世話かけました。。



それから、私たちはサンタクルスへ移動。

サンタクルスはボリビアの第二の都市。

低地なので、ようやくここで回復。

そして、ひろこさんとはここでお別れ。


私、サンタクルスでボランティアやることにしたんです!

うちのおばあちゃんがカトリックで、教会が支援している乳児院がサンタクルスにあり、「サンタクルスに行くなら紹介するから行って見れば?」と言われ、行ってみることに。

最初はほんの少し顔出すだけの予定が、この時の私はとにかく旅に疲れていて、正直前に進む気になれませんでした。

少し気持ちを休憩させたい思いがあったので、思い切って2週間ボランティアさせてもらうことに。




でも本当、ここだけの話。(公だけど)、私、ボランティアって嫌いなんです。

正確に言うと、ボランティアという言葉が嫌いです。

そんなことを言いつつも日本でボランティアをやっていたこともあったし、ボランティアをやっている人も見てきたし。

そんな中でボランティアと職員の摩擦にすごく違和感を感じたんです。

たぶん互いが「ボランティア」という言葉に縛られているんでしょう。

その雰囲気がなんとなく嫌でした。

だから、海外に行って「社会福祉が専攻でした」っていうと、「じゃあボランティアとかするんだ?」とよく聞かれますけど、実は海外では一切やったことないし、する気もありませんでした。

ボランティア・・・というと何となく言葉の中にMUST感が出るので、「お手伝い」が良いかと。

(実際、私はボランティアといえるほどの仕事はしていないので無難な表現だと思います)



で、このサンタクルスの乳児院には他のボランティアスタッフも多数。

海外からのスタッフももちろんのこと、ボリビア人もいます。

ここで会ったのは日本人のゆうこちゃん。

私は、彼女に初めて会ったときから尊敬しました。



だって、ボランティアをするために一人でボリビアに来て、もうすぐ一年が経とうとしているんですよ!!!

私みたいな自由気ままなバックパッカーがひょろっとボランティアをするのではなく、彼女は最初からちゃんと目的意識を持っていたし、ボリビアでの公用語スペイン語も独学で勉強して今ではペラペラに。

ボランティアの面でも言葉の面でも、本当に目的意識が高くて、しっかりしているなぁと思いました。

年齢も彼女の方が一つ上なので、ほとんど変わらないのに私といったら・・・・旅に疲れているからボランティアなんてほざいてしまって・・・・(なので、私の場合は「お手伝い」になります)

自分が心底情けなくなりました。



で、年が近いってことで、彼女とは本当に二週間仲良くさせてもらいました!

ボランティアの内容や写真は個人情報がいろいろあり、載せられないので、私生活の様子を!



二週間の中で結構いろんなことしたし、おいしいもんも食べたし(ここですごい太った)。

その中でもやっぱりコレ!!



ボリピ!!

IMG_4762.jpg


バックパッカーでは有名なボリパ(ボリビアパーマ)はありますが(ボリビアでは安くパーマがかけられるということで多くのバックパッカーがここでパーマをかけます)、私は広めたいんです、この


ボリピ(ボリビアでピアス)を!!



サンタクルスにはピアス屋さんがいる通りがあります。

IMG_4761.jpg


屋といっても、ただ道に座ってるおじさん、おばさんたちで、25~30ボリでどこにでもあけてくれます。

耳はもちろん、鼻、舌、眉、ヘソ・・・等々。

この値段なら破格!!もちろん、麻酔もしてくれます!(施術前に麻酔の確認はしっかりしましょうね)



もちろん、私もやりました~~♪

IMG_4764.jpg

この写真は左耳トラガスの施術中。

鼻もあけましたよ!

トラガスなんて日本で自分で開けるのでも、トラガス用でピアッサーが5000円くらいするのでボリビアはすごいですね。

ちなみに、この一緒に写っているお兄ちゃんはすごく上手でした。




こうして私の二週間のお手伝い期間は終了。

この二週間で少しずつ旅への意欲も戻ってきました。


仲良くしてくれた、ゆうこちゃんありがとうね♪

IMG_4770.jpg



毎日、二人で飲めて幸せでしたヽ(・∀・)ノ

IMG_4780.jpg


本当にありがとう!!

無事に、二週間お手伝いを終えることができました。


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
13

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ウユニ塩湖 2日目


前回のウユニの記事で、皆様がウユニ塩湖を知っている提で当たり前のように書いてしまいましたが、実際のところ旅行好きかバックパッカー内でしか有名でないことが判明しました・・・

ごめんなさい!!


っというわけで、仕切りなおして今一度。


ウユニ塩湖はボリビアのウユニという地域(アルゼンチンの近く)にある塩湖です。

湖といっても、水はなく、塩で固められた大きい湖です。

南米では1~3月は雨季に当たり、この塩湖でも雨が降ります。

雨が降ると塩湖に水が溜まり、鏡張りが見ることができます。

そして、この鏡張りに一番関心を寄せているのが日本人!!

なので、雨季の時期は本当に~~~日本人が多いです。

ウユニという小さい街に日本人どわあああ~!!!日本人街みたいになります。

(欧米人は乾いている塩湖がお好きなようです)

雨季の終わりかけ、3・4月に行くと鏡張りも乾いた塩湖も両方楽しめるのでおすすめです!!


さて、ウユニ塩湖に関する基本情報はここまでw

最近、アナザースカイで佐藤隆太さんがウユニを選んできたらしいのでまた有名になりました!





ウユニ塩湖2日目。

この日は、谷さんと合流!!

このブログを通して見て頂いてる方ならわかると思いますが、谷さんの出没率高いですw

彼もまた中国・成都のメンバー。

これで、中国のメンバーが4人揃って再会です!!


まずは腹ごしらえ。

今回のツアーはこのメンバーです!

IMG_4680.jpg

IMG_4681.jpg



この日は昼~夕日~夜のコース。

夕日がちゃんと見れることを願って。


出発!!

IMG_4686.jpg



こちらが乾いた塩湖。

IMG_4685.jpg


とにかく眩しい。。

ただでさえ強い南米の日差しに、ウユニの標高の高さ、そして真っ白な塩湖の照り返し。。


目が殺られました。。


サングラスはもちろん必須!!

みなさんも気をつけてね。




そして、ドライバーのジョンがトリックアートの準備にかかる。

IMG_4696.jpg




完成品はコチラ。

531486_641916135834605_1975026252_n.jpg

575085_641916109167941_720749119_n.jpg




ちなみに、トリックアートをやっている人たちを単体で見ると何だか切ないww

IMG_4698.jpg




そして、夕日を見るべく鏡張りの方へ!!

291701_641915815834637_2054579154_n.jpg




水がある塩湖の上でバイクふかしてる現地人がいました。

IMG_4710.jpg

塩分濃度の高い塩湖でバイクで走るなんて!!

後で確実にエンジンがイカれるのに・・・・




そして、ここでやっておかなくてはいけないこと!!


タシデレ会の記念撮影!!

893898_503082949750572_1928795772_o.jpg


見事に4人揃って、来れなかったまるちゃん(既に帰国)とはるさん(チャリ旅のためヨーロッパ止まり)、まるちゃんのパンダのドーフ(谷さんのパンダはマーボ。二人合わせて・・・ってやかましいわ!ww)をサイドに入れてみました。

でも、みんなちゃんとお揃いで買ったストール持ち歩いて旅してます!

う~ん、素敵★





そして、日が暮れ始めました。

IMG_4712.jpg

IMG_4720.jpg




ジョジョポーズも忘れない。

IMG_4751.jpg

躍動感が素敵!!





IMG_4735.jpg

IMG_4737.jpg


今では多くの人が知るウユニ塩湖。

やっぱり来る価値はありました。

どこまでも広がる塩湖の上に、空のコントラストが反射してまた新しい世界を作る。

本当に本当に綺麗な場所でした。

自然って素敵。




この日を一緒に過ごしてくれた、みんなもありがとう!

487705_641921319167420_968587616_n.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
09

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ウユニ塩湖 1日目


ドイツからの長いフライトで到着したのは、


16ヶ国目

ボリビア!!



初めての南米。

ちょっとどきどきわくわく。


ここで待っていてくれたのは、大野さん。

大野さんとは3回目の再会。

一足先にアルゼンチンのブエノスアイレスから来ていて、待っててくれました。


翌日、私たちは駆け足でサンタクルスからウユニへ。

ここからウユニに行くには直通はなく(バスターミナルでウユニ直通あるよ!と言っているバス会社はNGです。実際は乗り換えが必要で二重請求される場合があります)、私たちはまずスクレまで行き、そこからポトシへ。

そして、ポトシからウユニに行ったので、2回乗り換えで30時間かかりました。。


で、どうしてもその日に着きたかった理由がコレ!!!



再会の約束!

IMG_4654.jpg

ウユニで待ち合わせをしていたのは、ひろこさん♪

私たち、3人は中国の成都で会って一緒に東チベットを周りました。

その時、ウユニで再会できたらいいね!なんて話をしていましたが、本当に再会できるとは思ってもみませんでしたw

お揃いで買ったストールももちろん一緒に旅してます!


ひろこさんがツアーの予約をしておいてくれたので、23時にウユニ到着→深夜2時のツアーに参加しましたww

ぶっこみすぎw


朝(というか深夜)発のウユニツアーは星空と朝日がメインです。


星空の中映るウユニ。

IMG_4597.jpg

IMG_4628.jpg



徐々に陽が明けてきます。

IMG_4596.jpg

IMG_4620.jpg



コントラストが本当に素敵でした!

IMG_4601.jpg

IMG_4639.jpg



そして無事に夜明け。

IMG_4671.jpg



どこからが塩湖でどこからが空か、わからないくらいの幻想的な世界。

IMG_4675.jpg



ちなみに、ここではトルコ、イスラエルで一緒になったしげさんとも再会。

しげさんとひろこさんは前にメキシコで会っていたので、共通のお友達なのです!

っというわけで、私たち3人は繋がってウユニで会うことができました!

IMG_4668.jpg

ポーズはよくわからないけどw、何とも背景色が美しい。




ウユニ塩湖―。

今では訪れる日本人も多く、有名な観光地となったウユニですが、やっぱり人気なだけあって本当に幻想的で素敵な世界でした。

建物は感動の限界がありますが、自然は毎日違う顔を見せてくれるのでおもしろいです!!


かなりハードな一日になりましたがw、みんなと無事に再会できたこと、美しい朝日を見れたこと、やっぱり来て良かったと思いました。


IMG_4644.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。