卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17

Category: 中国

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

行けるか、カシュガルから中央アジア


カシュガルでウイグルフードを堪能して、まったり過ごすことができた私。

そろそろ、気合い入れて次の国へ行こうと決断しました。

(何ていったって、中国には一ヵ月半の滞在・・・・TT)


カシュガルからパキスタンのスストまでは一日一本出てるらしいのです。

まぁ、あんまり乗る人もいないし、前日でいっかーと思って国際バスステーションに見参!!

しかし

しかし


しかし



中国という国を最後まで見くびっちゃいけないんです。


ここで3時間半並ぶハメにww


大して人なんかいないのに、まったく動かない列。

ちょっともう勘弁して欲しいわ。



で、ようやく到達した窓口で言われた一言。


No bus because no passenger,only you.
(あなた以外の乗客がいないのでバスは出ません)



なにいいいいいい!!!???


おい、どゆことだ!!!

掲示板には、一日一本書いてあるやんけ!!!!!


いや、確かに乗客が集まってから行くパターンは普通なんだけど、私だけってどゆことよww

しかも、私3時間半も待ったのに・・・・


うん、ここで折れるわけにはいかないよ。

食いついて質問。


明後日は乗客います?

いないわね。

じゃじゃじゃじゃ・・・私どうやってパキスタンに行けばいいんですか?


知らないわよ。時間があるなら乗客が集まるまで待って。



キタァ━━━((゚□゚;))━━━ !!

中国必殺ドSおばさん!!!




で、結局諦めて帰路。

どうしたら行けるか調べてみたら、どうやら中国最西端の街・タシュクルガンというところに行けばそこからでもススト行きは可能らしい。

カシュガルからそのまま行くのとそんなに値段も変わらないし!


そして翌日。

再びバスセンターで3時間半待たされる。

イライラはしたものの、翌日のタシュケルガン行きを無事にゲット。



そして、翌日出発!!!

同じバスで仲良くなった日本人(中国在住)のケンジさんといろんな話をしながら行きました。

中国語が話せる人が傍にいるのって、本当に安心できます!

道中の山並みが本当に綺麗でした!

IMG_2141.jpg

IMG_2146.jpg


そして、8時間後タシュクルガンに到着!

ケンジさんと部屋をシェアして高原にてビール。

中国最終日になるであろう(いやそうなって欲しい)、この日に誰かと乾杯できて良かったです。

明日はパキスタン入りになって欲しい!!

なってくれー!!!


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
16

Category: 中国

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

中国西の街・カシュガル


ウルムチからカシュガルまで寝台列車で25時間。

中国西の街・カシュガルにやってきました!

ここは、ウイグル自治区の中なんですが、中国には約60の民族がいて、チベット自治区にチベット人がいるように、ウイグル自治区にもウイグル人がいます。

チベット自治区もそうですが、ウイグル自治区も残念ながら多くの漢民族が入って来てしまったため、都市化が進んでいます。

特にウルムチは大都会になってしまい、漢民族の割合の方が圧倒的に多いのではないかと思うほど。。。


そして、ここカシュガルは中央アジアの入り口になっています。

カシュガルからキルギスタンやパキスタンなどに陸路で入ることができます。

ウルムチよりはウイグル人はたくさんいますが、カシュガルの町を南北で分けて漢民族の居住地とウイグル民族の居住地が存在します。(実際はそこまではっきり分かれてはいません)

もちろん、お互いの居住地を行き来することは自由ですが、ウイグル人は確実に漢人を嫌っています。

一回、私も漢人に間違われました。

その時の、嫌そうな顔ったらもうwwww


チベット人もそうですが、漢民族に押されて自分たちの生活や文化、アイデンティティーが少しずつ消されていくわけですから。

そりゃあ、嫌って当たり前なんです。

ウイグル人街には多くの公安もいるし、武警が銃持ってたりするし、ウイグル人だけ身分証のチェックするし。

すごい制圧の仕方なんですよ。



ところで、ウイグル人ってどんなんか想像つきませんよね!?

こんな感じです!

IMG_2111.jpg

最初見たときは本当に衝撃でした!!

だって、この人たち完全に顔が中央アジアww

この人たちが人民元を持っていることが不思議でしょうがなかったです。


ウイグル人はイスラム教なので、もちろんモスクもあります。

IMG_2118.jpg

IMG_2124.jpg

IMG_2123.jpg

お祈りもちゃんとします。

ってか、みんな靴下真っ黒ww




そして、私がカシュガルで一番びっくりしたことは・・・・・・


2歳児レッドブルがぶ飲みww

IMG_2120.jpg

中国のレッドブルって日本のより強いらしいんですが・・・・これ大丈夫なんかなw

まぁ、この子には強い男になって欲しいものです。


では、最後にカシュガルの写真でさようなら~

IMG_2121.jpg

IMG_2134.jpg

IMG_2135.jpg

IMG_2126.jpg

IMG_2127.jpg

IMG_2129.jpg

IMG_2130.jpg

IMG_2132.jpg

IMG_2137.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
13

Category: 中国

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ウイグル自治区を目指す!


成都から甘粛省の蘭州に向かいました。

目指すは更に西にあるウイグル自治区です!!

蘭州で一泊してから、ウイグル自治区の中心であるウルムチに行こうと思ってたんですけど・・・・もちろん電車のチケットはとうの昔に売り切れていたw

でも進まなきゃいけないので、とりあえず甘粛省とウイグル自治区の境目にある敦煌という街まで行ってみることにしました。

まったく下調べなしに行ったので、まぁーびっくり。

なんとこの街、

砂漠があるんです!

IMG_2110.jpg

ウイグル自治区には砂漠があるの知ってたけど、まさかこんなところにあるなんて~!!

しかも、この街すごいまったりしてるし、高い建物がないから・・・・良い!

まさかのまさかでした、はい。


そして、敦煌からウルムチ行きのバスが出ていたのでそれに乗ってウルムチ到着!!

ウイグル自治区入るまで2回も公安のチェックがありました。。。(げんなり


そして!

わたくし!!!

ここウルムチで!!!!


単焦点レンズ買っちゃいましたww


いや~~~ん、ただでさえ旅費が足りるか微妙なのにこんなん買って!

でも、旅行中に買わなきゃ意味ないじゃん!?

それに、中国くらいしかないと思って、ちゃんとした支店。


っていう自己洗脳!!!w


でも、値段はそんなに高くはありませんでした!

これは私が勝手に思ってるだけですが、Canon様がいろんな人に単レンズの楽しさを知ってもらおうと頑張って究極に値段を下げたんだと思います。

ありがとう、Canon。大好き。


単レンズを買って、うはうはな私。

更にその日はラッキーなことに!

ウルムチからカシュガルまでの寝台列車の切符が取れました!

5日くらい先まで満席だったのに、誰かがタイミングよくキャンセルしてくれたおかげで私に回ってきました~!

いえーい


ってことで、目指すはカシュガル!!!

ここまで来たら中央アジアも目の前です!!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
08

Category: 中国

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

東チベットから成都へ


体調を崩し、セルタで吸入器を初体験した後、半分死にかけの私の面倒を見てくれた大野さんと共に成都に戻ることにしました。

セルタから成都までは乗り合いのミニバンでぶっとばしても12時間かかります。

とりあえず、呼吸がままならないので帰りたいの一心でした。


しかし、このミニバンの運転手は若いチベット人。。。


山道を70kmで走るという荒ワザ。

対向車が来てもスピード落とさず、おかまいなし。

車の中で相当投げ出されました。

体調が悪いのに、この苦痛が5時間も続きました。

みなさん、若い運転手は危険ですので気をつけてください。


そしてお昼ご飯。

あれだけシャッフルされたのだから、私も大野さんももちろんグロッキー。

全然食べずに終わりました。

ちなみに、運転手もグロッキーにww

ここで学んだのか、午後の運転は少し優しくなりましたw


そして、ようやく成都に到着!!!

なんと、低地に行けば行くほど良くなった私の体調。

医者の言うとおりだった。


とりあえず、超まったりできる有名宿「シムズコージーゲストハウス」に戻りました。

次の目的地に行くまでは、とにかくここで休養。


実は大野さん、チベットの許可書待ちをしている間に東チベット回っていたのです。

一週間前に成都を出るときに、「またどこかで会いましょう~」と言ってバイバイしたメンバーもチベット待ちで再会。

数日間、みんなでダラダラ過ごしました。

成都にあるH&Mに行ったりして・・・・・・


みんなでお揃いのストール買ったりww

IMG_2105.jpg


美容師バックパッカーの谷さんに髪切ってもらったり!

IMG_2101.jpg

手に職って本当にすごい。

キラリと光る谷さんの技、素敵。

IMG_2100.jpg


ケイトとも成都で再会できたし、充実した二日間を過ごして最後の晩餐はもちろん、お決まりの食堂!!

IMG_2107.jpg

やっぱり中華料理はみんなでシェアに限ります!

そして、最後に。。。。

いつもおいしい料理と、サービスをありがとう!!!おばちゃん!!!

最高の食堂でした!!

IMG_2109.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

07

Category: 中国

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ラルンガル・ゴンパ


リタンでの一番のメインイベント・鳥葬を終えて、ほっと一安心・・・・

とはいかない。

私の高山病は日に日に悪化し、熱が下がったり上がったりの繰り返し。

そして、止まらぬ咳。。


しかし、次に進まなければいけないのです。

っというわけで、リタンからガンゼへ。

何時間バスに乗っただろうか。。。

8時間だったか、10時間だったか・・・とにかく、その時の私は熱がハイパー過ぎてそれ所じゃなかったのは確かです。

ガンゼで一泊。

ここで、カンディンまで一緒だった大野さんと奇跡の再会。

大野さんはカンディンでビザの延長をしていたので、私たちとはリタンに行けませんでした。

ガンゼはインターネットないですからね。連絡が取れていなかったのです。

奇跡だった!!

っというわけで、ここまで一緒に行動してきたヒロコさん、そして再会を果たした大野さんと3人でラルンガル・ゴンパに向かいました。


途中の道が本当に大自然いっぱいで素晴らしかったです。

IMG_2090.jpg


そして・・・・・・



ヒロコさん、泥にハマるwww

IMG_2089.jpg

泥がひどくて車がハマったので、みんなでせーのって押してせっかく抜け出したのに、今度は自分がハマってゆうパターンですねw



そして、ラルンガル・ゴンパ到着!!

IMG_2092.jpg

すごくないですか!?この景色!!!

ここラルンガルは、僧侶の町としてとっても有名で、住民の98%は僧侶なのです。


どれくらい多いかっていうと・・・・

IMG_2095.jpg

これくらいwwww

すごくないですか!?

どこもかしこも、僧侶ですよwww

みんないろんな所から修行に来ているんです。

修行期間12年とからしいですよ。

すごい!!!!!!!!!!!




さぁ、ここで事件です。

無事にラルンガルに到着したわけですが、ここで私は・・・・・


5秒間意識を失います。


バスから降りて、未だかつてない標高の高さに完全ノックアウト。

目の前が真っ暗になって、意識をすっと失いました。

数秒後・・・・・

目を覚ましたら


僧侶に囲まれていましたww


これはさすがにヤバイと感じて、病院へ。


しかし、ここは修行僧の街。

ちゃんとした病院などあるわけなく、とりあえず街医者へ駆け込みました。


そして、

何だかよくわからいまま・・・・・・



お尻に注射wwwww


ええーーーってか、今21世紀ですよね!?

2012年ですよね!?!?!?

お尻に注射ってww


まだ現実世界に存在していたんだ。


しかも、待合室みたいなところで処置されて。。。

みんなの前で半ケツ。

一応、まだ22歳の女の子なんだけど。

そこは配慮してくれなかったみたいw

注射代は1回3元(40円くらい)という破格。

ありがたいけど、逆に心配。


そして、3回打つから毎日来いと言われ、結局滞在中お尻注射させられました、3回もね。

このラルンガルにいたときが私の体調ピークで悪くて、宿と病院の往復だけで終わってしまいました。

たくさん写真撮りたかったんですけどね・・・・・残念すぎる。。


お尻に注射で大量の薬をもらったのに、

いっこうに治らず。


悪夢の三日間を過ごして、ここでヒロコさんとはお別れ。

ノーパミでのチベット自治区入りを試みるためです。

残った私と大野さんはもう一泊して、セルタに行きました。

セルタも小さな町ですが、大きい病院を発見。

とりあえず、診察してもらって吸入器ON!!!!!

ちょっと落ち着きました。


ここも診察代が破格。

薬などなど込みで50元(600円くらい)。

先生曰く、

高地にいるから肺の機能が低下している。早く低地に戻りなさい。

ということでした。


本来のルートはこのまま西寧に抜けたかったのですが、さすがにこの体調で1人は危険。。

そのまま大野さんと成都に戻ることにしました。


あぁ、どうなる・・・・私の体・・・・。


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。