卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

盗難事件とイード祭


本来22時間の寝台列車は、30時間かけてラホールからクエッタに到着。

着いて早々に、駅でケータイを盗まれて十分にヘコみました。

どういう風に盗まれたかについては、長くなるので詳細は書きませんが、たぶん相手は最初から盗むつもりはなかったんだと思います。

まったく知らない奴に盗られたわけではないので。。。

まぁ、今回は不運・・・・というか、一つの経験として勉強になったなという感じです。

ただ、私は盗んだ犯人に一言いいたい。




SIMロックがかかった日本のケータイを盗んで何の意味がある?



東南アジアなら、簡単に解除できるかもしれないけど、パキスタンでiphone持ってる人なんて極々僅か。

そして、この国に解除できるほどの技術を一般庶民が受けれるか・・・・・


無理だと思う。



しかも、日本のSIMは抜いてあるし、iphoneは4以降SIMのサイズが小さくなっています。

パキスタンのSIMは大きいのしかないので、使うのは確実に無理。

他国に売るにしても、内戦中のアフガニスタンに売るのか?アンチアメリカのイランに売るのか?ここからは果てしなく遠いインドに売るのか?って感じです。

盗られたことに関しては仕方ないとしても、使えないケータイ盗んでどうすんだって話ですよ、まったく!怒


で、翌日警察署に行って、散々泣いて(もちろん裏切られた涙です)、散々愚痴って、慰められて、最後はパトカーで送ってもらいました。



気持ちを切り替えて、イランに向おうと思ったのですが、私が到着した翌日からイード祭が始まりました。

イード祭とは、いわゆるラマダーン(断食)のお疲れ様会みたいなもの。

それぞれの家庭で牛を一頭さばいて、みんなで食べるのです。

IMG_2636.jpg

このおっさん、何と電柱に牛を引っ掛けてさばいています。

もうちょっと良い場所なかったんかね。


IMG_2638.jpg

IMG_2642.jpg


パキスタンのお肉屋さんは、さばいたものを売っているのではなく、養鶏場兼肉屋みたいな形になっていて、鶏肉なんかを買う時はその場で鶏の首をばっさり切ってさばきます。

なので、肉屋の周辺は生血とさばいた後の無数の羽が舞っています。

うーん、パキスタンスタイル、パキスタンクオリティ。


イード祭は一応、「祭り」ですが各家庭で行うものなので、外国人などは参加できません。

しかも、このイード祭の最中はほとんどの店やレストラン、病院や警察署までもが休日になります。

私はてっきり1日だけの祝日だと思ったら、3日も続くのです。

おかげで、クエッタから出られません。


特に、このバロチスタン地域は治安が良くないので、外国人が他の地域に行く場合はセキュリティオフィスからの許可書が必要になります。

この許可書を貰うのに、私・・・・5日も待ちました・・・(ノ`Д´)ノ キィィィ

クエッタに到着した翌日からイード祭が始まり、セキュリティオフィスはばっちり閉まっていたため、非常に時間がかかりました。

発展途上国の公的機関はやる気がない分、わがままを言えば結構融通をきかせてくれるのですが、パキスタンはなかなか頭が固い・・・・

結構うざったくダダをこねたんですけど、無理でした。


許可書を手に入れるには、セキュリティオフィスに行って申請して、もらった許可書のコピーを滞在しているホテルに渡します。

すると、出発の日に警察が迎えに来てくれて、クエッタから目的地まで護衛についてくれます。

最初は、護衛とか有難いじゃ~ん♪とか思っていましたが、手続きの面倒くささと頭の固い警察官に嫌気がさして護衛なんかいいから、さっさと行かせろという感じになりました。

このイード祭にぶつかって行けなかったのは私だけではなく、同じホテルに滞在していたドイツ人やオーストラリア人も同じ。

全員、半ギレww

ま、そりゃキレますわ。

おかげで、みんなで申請しに行けたし、それなりに楽しい時間を過ごせたので良かったです。



今後どんな風に変化していくかわかりませんが、現状として一度バロチスタンに入ると出るのがすごく大変です。

これから入ろうと思っている方、時間は多めに見積もっていくことを忘れずに。

そして、イード祭には気をつけてください。。。(´;ω;`)ウゥゥ


IMG_2635.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
28

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

パキスタンの動物園


前回は暗い日記を失礼しました。

だいぶショックを受けましたが、今は何とか前向きに持ち直しています。

幸いにも、iphoneのSIMは抜いてあったので機種だけ盗まれた形です。

また、どこかで安く買えれば買うつもりです。

励ましてくれた方、ありがとうございました。

現在、旅中のバックパッカーさんも気をつけてください。

引き続き、頑張って旅を続けようと思います。





ラホール最終日、プチ沈没していた私でも唯一残しておいたスポットがあります。

それは、ラホール動物園です!!!


日本の動物園って何かすごくお金かけてますよね~。

中国からのパンダ何億円とか・・・・

でも、ここはパキスタン。

動物園がどんなものか、気になるところ。


入ってみてびっくり!!!










カバに!!!!

IMG_2590.jpg




サイに!!!!

IMG_2591.jpg




ライオンに!!!!

IMG_2599.jpg





オオカミまで!!!!IMG_2605.jpg




もちろん、この並びなら像もいます。

IMG_2594.jpg

パキスタンの国旗入り。


かわいいけど、動物虐待だね。


触ってみようと思ったけど、

IMG_2606.jpg

IMG_2608.jpg


無理だった。。。。


他にもキリンやトラ、鳥類などなど広くて盛りだくさんの動物がたくさんいました。


入場料10円とは思えないクオリティ!!

十分に楽しめました。



お昼は、大好きなチキン・カライ。

IMG_2612.jpg

フンザで仲良くなったよういちさんと、ラホールで再会したので一緒に食べました。

チキン・カライはとってもおいしいけど、1人で食べられる分量では提供してもらえません。。

一緒に食べる人がいるときほど、これに限ります!




そして翌日、意気揚々とクエッタに向うのでした。

ケータイを盗まれることも知らずに・・・・・TT

IMG_2622.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
26

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

悲しいお知らせ。。。


突然ですが、昨日ケータイを盗まれました。

昨夜、クエッタに到着し、そのまま駅で私のiphoneは誰かに持ち逃げされました。


ケータイなんて日本に帰ってからまた買えば問題ないんですが・・・・・何が一番悲しかったって、信用していた人に盗られたことです。

本当に本当に悲しくて、たくさん泣きました。

一応、今日警察には行きましたが、もちろん警察では何もできないという。



「ケータイはまた買い直せるけど、私はパキスタンがすごく好きで今までパキスタン人を一度も嫌だと感じたことはない。だから、裏切られた気持ちでいっぱいです。」

って言ったら、

警察の人から、

「君は僕たちの国に来てくれたゲストなのに、本当に申し訳ない気持ちだ。でも、ここはパキスタンだ。貧しい国なんだ。君の国と大きく違うことを忘れないで欲しい。」


その言葉を聞いたときに、私はまだ本当のパキスタンをわかっていなかったんだと思いました。

自分の認識不足の甘さでした。



外務省のHPを見てもわかるように、ここクエッタは危険度レベルが一番高い街です。


警察の人からも、現地人からも、

「なぜ1人でクエッタに来たんだ。もう、今後絶対に1人では来てはダメだ。」

ときつく言われました。


旅慣れていたことに慢心していた自分もいたし、自分は絶対大丈夫ってどこかで思っていました。


いろんなことを含めて、ここがパキスタンであることを今回の事件で痛感しました。。。



っというわけで、連絡はパソコンへお願いします。



ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
23

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

スーフィー・ナイト!


ラホールの木曜日と言えば、スーフィー・ナイトです!

私も詳しいことはよくわかりませんが、スーフィー・ナイトはイスラム圏であれば結構どこでもやっているらしいです。

夜10時頃開始。

神社の境内なようなところに連れて行かれ、そこには・・・・・



男衆!(臭)

IMG_2570.jpg

基本的には男性のみ?で、女性も観覧ができますが、もちろん別席です。

私は写真を撮りたいので、特別に男性席に座らせてもらいました。


演奏にはドラマーが2人。

IMG_2566.jpg

最初はこのドラマーの素晴らしい演奏だったのに、11時くらいから多くの現地人がトランスし始めるw

演奏が始まったころから、周りのパキ人がハシシ(大麻)をタバコに混ぜて吸い始めていたので、ただでさえパンパンにしき詰まった人ゴミの中で臭いがこもっている状況。

私は、あのハシシの独特な草っぽい臭いがどうも好きにはなれません


そして、トランス!

IMG_2576.jpg

もはや、首カクカクするの速過ぎて写真に撮れません!

本来はハシシに頼らずに演奏だけでトランスするらしいのですが、お酒×のイスラム圏ではハシシは重宝されているみたい。

そして、トランスが最高潮に達すると回転します!

IMG_2577.jpg

しかも、ものすごい速さで。

特にこのおっさんの速さは尋常ではなかった。本当に速い。


トランスしてる人に話しかけたり、肩をたたいてもまったく反応せず、完全に自分の世界に入っています。

これを止まらずに、ひたすらオールナイト繰り返すのがスーフィー・ナイトです。


初めて見たときに、はぁ~?こいつら何やってんの?って思う人もいるかもしれませんが、私は結構楽しくて3時間くらい見てました。

普段、彼らが縛られているいろいろなものが、トリップすることで彼らの中だけで放たれて、そこに快感を覚えているんじゃないかなーと勝手に自己解釈してました。(あっているかはわかりません)




また、パキスタンのおもしろい一面を見れました。

IMG_2583.jpg

IMG_2573.jpg

IMG_2586.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
21

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

モスクとラホール城


超レイジーガールの私が珍しく観光に行ってきました。

もちろん、一人で行くなんてことはなく・・・・笑

同じ宿で仲良くなった韓国人に誘われたので一緒に行きました。


ラホールには、バードシャーヒー・モスクとラホール城があり、二つは隣り合っています。

まずは、城へ。

megoomi (9)


入場料、外国人200ルピー、現地人10ルピー。


出たよ、差別。

その20倍はどこから来るのかしら~~~。


城の中は結構広くて、芝生が一面に。とてものんびりできます。

IMG_2486.jpg

IMG_2501.jpg

IMG_2490.jpg


もちろん、ここでもチャイ!!!

ちょっと高いけど、天気も良いしこんな日はのんびりに限ります。

DSC_0454.jpg

そうそう、言い忘れてたんですけど、今回の日記は韓国人たちが私の写真をたくさん撮ってくれたので、自分の写真ガンガン貼ってきますw

すいませんw

韓国人のオキ。

DSC_0443.jpg

更に、韓国人のヒョヌ。

IMG_2497.jpg



赤ちゃんとも交流。

megoomi (6)


大砲だってあるのよ!

IMG_2505.jpg



その後、夕焼けのモスクを狙って移動。

DSC_0485.jpg

IMG_2509.jpg

あ~うっとりしちゃう、モスク。

モスク大好きな私としては目がハートになっちゃうレベルです!

何とも言えない丸みが素敵。

IMG_2516.jpg



ヒョヌが撮ってくれました。

モスクと私。

DSC_0511.jpg

時間になれば、中ではお祈りもします。

IMG_2539.jpg


その後、陽が暮れるまでばっちりモスクの楽しみました!

本当、素敵だった~~!!!

女性はモスクに入る際、肌を隠した服&スカーフが必要になるので注意してくださいね~。



IMG_2508.jpg

IMG_2524.jpg

IMG_2514.jpg

IMG_2525.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
18

Category: 世界の情報

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

イラン領事館に突撃inラホール


ラホールのイラン領事館に行って来たので、みなさんに奇跡のご報告。

今までイスラマバードのイラン大使館では、まったく相手にされませんでしたが、

ここで私が諦めるわけがない。



<1回目の訪問>

雨風雷の嵐の中、イラン領事館に到着。

まずは、門の前にいた領事館員のおじさんに突撃。


イランビザが欲しくて来ました!

イラン外務省のHPからコード番号は受け取った?

いや、今イラン外務省のHPの外国人用申請フォームは開けないんですよ。

何で?




お前知らないのかよ。


去年、ハッキングされてからウェブサイトがずっと起動していないんです。

そうなんだ、でもコードがないと無理だよ。

だから、コード取りたくても取れないんですって。

でも、規則だから。ないと発給できないの。

じゃあ、どうやって私はイランに行けばいいんですか!怒

そんなことわかんないよ~




(ノ`Д´)ノ キィィィ

こいつムカツクわぁ・・・・・。



ってことで、嵐もすごかったのでこの日は撤退。





もちろん、この段階で諦めるなどまったく思っていません。




<2回目の訪問>

イランビザが欲しいんですけど!

外務省からのコードがないと・・・・

以下省略


事情を知った領事館員の兄ちゃん。

そうなんだ。じゃあ、あと10分くらいしたら上司が来るからその時に聞いてみるよ。それまで君はこの申請書を書いて待っていて。




やった!第一ステップクリアー!!!


数十分後――。


いいかい、僕の話をよく聞くんだよ。これから君には申請窓口に行ってもらう。ビザが発給できるかどうかは、その人が決めるから、僕に説明したように彼らにも説明するんだよ?OK?

了解っ( ・∀・)=p ビッ!



数十分後――。

窓口に呼ばれ、ウェブサイトが動かないからコードがもらえないことを説明。


なるほどね。でも、飛行機で行けばテヘランとかでアライバルビザ取れるよ。

でも、私の友達で取れた人と取れなかった人がいます。

いや~どこでも取れるよ。

そうとは限らないですよ。アライバルビザの発給なんてイミグレーションの職員次第じゃないですか。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・


っと交戦を続けること数分。

食い下がる私に、領事館員のおっちゃんは諦めた顔でいきなり・・・・


OK・・・・・








OK!?OKって言った!?なになになになあああああー!!

キタ━━(━(-( ( ( (。・`∀´・。) ) ) )-)━)━━!!





っというわけで、何と私パキスタンでイランビザGETできましたあああー!!!

奇跡★


これほど、NEVER GIVE UPという言葉が心にしみたことはないですね。

完全におっちゃんの根負け。

その後、取れたことを領事館員のお兄ちゃんに報告。


おめでとう!!と言って、その後の手続きについて教えてくれました。

無事にお金も払って、あとは待つだけ。

何とここ、翌日発給です!

私は木曜日に申請したので、できあがりは月曜日。


みなさん、諦めないことが大事ですよ。(ドヤッ




【イラン領事館inラホール】
営業日:月~木(イスラム圏は金曜も休みなので要注意)
ビザ申請時間:午前9:00~10:00
ビザ受け取り:午後3:00~3:30
料金:5000Rs(現金手渡し)

申請用紙はその場で貰ってすぐ記入。顔写真は2枚必要。(女性はスカーフなしでもOK)




ところで、なぜイランビザはトルコで簡単に取れるのにパキスタンでは取得が難しいのは知っていますか?

パキスタンでイランビザを取る多くのバックパッカーは、だいたい陸路でイランに抜けようと考えます。

が、実際は結構治安が悪くて国際列車は爆破の危険、国境付近は外国人を狙ったゲリラがいたりするんです。

パキスタン側の対策としては、護衛を1人つけてくれますが、行ってほしくないのが本音。

特に最近はちょっと治安が不安になって、クエッタ(ここからイランに通じてる)からイランに向おうとすると拒否されたりするらしいです。

今は国境が開いたり閉まったり、かなり不安定な時期なため、特に警察が警戒中。

だから、取りにくくなっているんです。




ビザの問題で立ち止まることって今までなかったから、今回は本当に良い経験をしました!

本当良かった。

当分、これで私の気持ちもハッピーです!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
17

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

インドとパキスタンの国境の街・ラホール


イスラマバードを深夜0:30に出発し、めずらしく定刻どおりに朝4:30にラホールに到着。

ここは、インドのアムリトサルから程近い国境の街です。

エコノミー(最安値)の座席を選んだので、もちろん座るだけで眠れませんでした。。


そして、とりあえず新しいホステル「LAHORE BACKPACKERS」に行こうと思いました。

このホステルはリーガルチョークという場所の近くにあるので、とりあえずそれをリキシャの運転手に伝えて行ってもらったものの、そこから先このホステルはわからない、と言われました。

新しいホステルで結構有名なはずなのに。。。

しかも、運転手はまったく英語が通じず、話にならない状態。

寝ていない私はイライラMAX状態。


すると、他のパキスタン人が違う宿の英語が話せる兄ちゃんを連れてきました。


LAHORE BACKPACKERSに行きたいんだけど、知ってる?

知らないなぁーそんなとこ。

え?なんで?新しくできたホステルだよ。SUBWAYの近くって聞いたんだけど。そこにSUBWAYあるじゃん。

わからないよ。ここ(自分のとこ)も宿だよ。日本人が何人か泊まってるし。



こいつ、自分の宿に取り込もうとしているな。


だから、LAHORE BACKPACKERSに泊まりたいんだって!!!!

・・・・・そういわれてもわからないし・・・・・



混戦状態が続き、イライラモードから我に返った私は思いました。

よくよく考えたら今は朝の5時。疲れもあるし、今日はとりあえずここに泊まるか。


ってことで、私が折れて泊まることに。


宿の兄ちゃんの名前はザキル。

24歳でパキスタンには珍しく、結構若者スタイル。


チェックインのとき言われました。


実は、LAHORE BACKPACKERSの場所知ってたんだ。

でも、あそこさすごい盗難とか多いんだよ。

スタッフとか最初はすごくフレンドリーに接してきて、油断させたところで客の金とかカメラ盗るの。ラホールでは悪評高くて有名だよ。

英語がわからない中国人だけ知らないで行っちゃって、いろいろ盗られてるみたい。

君をそこに案内することもできたけど、泊まって何かあったら嫌な思いしちゃうでしょ?

だから言わなかったんだ。





・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





疑ってすいませんでした。


ザキルはギルギット出身。

どうりで。北部がとても親切な人が多いから。



ってことで、後々いろんな人に聞いて、確かにこのホステルは問題が多いことで有名でしたので、ラホールに行く方は気をつけて下さいね~。

ちなみに、私が宿泊したのは「地球の○き方」にも載っている「REGAL NET INN」というゲストハウスです。

フリーWifi、フリーウォーター、フリーキッチン、フリー洗濯機で何とドミはたったの200ルピー!!

素敵~~~!!!

オーナーのマリックもとても親切な人なので、オススメです。(ちなみにマリックは手相が見れます)


そして、そのまま寝ずに宿の日本人と仲良くなってお昼を食べに行くことに。

IMG_2458.jpg

いや~~~本当、ラホールって良い!!

何と言ってもたくさんある屋台。

フンザにはちょっと食べれるような屋台がなかったので、久しぶりにいろいろつまみ食いできて楽しかった!

しかも、宿の近くにはCHAMANアイスクリームという有名なアイス屋があって・・・・・・

これがまた絶品!!

普通に31レベル。途上国では珍しいクオリティです。

値段はダブルで45ルピー。(40円くらい)

お店も24時間営業です。


その後、誘われてインドとパキスタンの国境閉会セレモニーに行って来ました。

毎日17時に国境が閉まるのですが、そのセレモニーが地元では大人気。

インドとパキスタンも元々仲が悪いので、結構バチバチしてておもしろいです。


パキスタン側はイスラム国家らしく男女別席になっています。

こちら女子席。

IMG_2462.jpg


みんなおめかしして参加です。

IMG_2459.jpg

IMG_2466.jpg


兵隊が出てきて、国旗を降ろすんですが、それまでに応援合戦みたいのしたり、歌うたったりします!!

それがまたものすごく楽しい。

言葉はわからないけど、何か楽しい。

インド側は女性がダンスなんかしてて盛り上がってました。(さすがにパキ側はイスラムなのでダンスは禁止でした)


IMG_2467.jpg


運動会みたいに盛り上がったセレモニーでくたくたになった私は、その後泥のように寝ました。


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
13

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

イスラマバード到着


カリマバード(フンザ)を出発して、25時間。

首都のイスラマバードに到着しました。

当初の予定は18時間だったのに・・・・どうやって7時間も増えたのかしら。


私が泊まったのはラワールピンディというイスラマバードから程近い町です。

っというのも、イスラマバードは一般人が入れるような町ではなく、高級住宅街や高級ホテル、ブランドショップが多く並んでいるので、もちろんそこに安宿なんていうのはありません。

なので、多くのバックパッカーはピンディに宿泊します。

実際、駅などの交通網はピンディに集中しているので、こちらの方が移動しやすいのです。

バザールなどが多く立ち並ぶピンディ。

IMG_2436.jpg

IMG_2441.jpg




しかし物価が高い。

イスラマバードはもちろんだけど、ピンディの汚いホテルでまさかの1000ルピー。

何件か当たったけど、やっぱり最低金額は1000のよう。

一泊だからと諦めて泊まったら、ダニの集中攻撃に遭いました。

今なお、痒いです。。。


気を取り直して。

バザールで衝撃的なものを見つけました!!!!

(グロいの苦手な方、これ以降は見ないで下さい)




IMG_2438.jpg


ちょ、すごくないですかー!!!!

ヤギの頭がそのまんま肉屋に。

この他にも胃とか足とかちゃんと部位に分けて売ってました。

しかし、頭なんて誰が買うのでしょうねー

これじっと見つめてると、どこかで目が合いそうで怖いww



その後、鶏とたわむれたり、

IMG_2443.jpg


かわいいムスリム集団見つけたり

IMG_2435.jpg


アジア最大級のモスク見たりしました。高さ90m!!すごい。(これはサウジアラビアの国王の資金援助で建てられたらしいです)

IMG_2456.jpg



そして、私も知らなかったんですが、イスラマバードにはもう一つ見なくてはいけない場所があります。

それは、アフガニスタン難民キャンプです。

IMG_2445.jpg


厳密にはこの難民キャンプ、イスラマバードではありません。

パキスタン政府はこのアフガン難民を嫌がって、政治の中心であるイスラマバードに入れないようにしたのです。

中に入るのはちょっと危険なので、外から写真を撮りました。


IMG_2452.jpg

IMG_2449.jpg


20年以上、この難民キャンプはあるそうですが、未だにここだけ電気や水道はひいてないようです。

この地域だけ異常に雰囲気が違うのが、はっきりと伝わりました。


しかし、どこに行っても子どものかわいさ、素直さ、元気さは変わりません。

IMG_2455.jpg

パキスタン自体、発展途上国なので何万人といるアフガン難民を援助することは難しいと思いますが、彼らの生活が少しでも豊かになれれば。。

ここまで遠い存在だったアフガニスタンが何だかとっても近くに感じるようになりました。



ほんの少しの滞在だったイスラマバード。

いろんなものを見れて、また刺激を受けました。



そして翌日の夜、電車でラホールに向いました。

IMG_2457.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
12

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

フンザ最終日


ようやく重い腰を上げてフンザを出ることにした私。

これまで2~3回脱出しようと試みたものの、結局フンザの良さに惹かれてここまで来てしまいました。

気付けば3週間以上ここにいましたw


そんな最終日はかねてから仲良くさせてもらっているjicaの方にお誘いを受けて、アプリコット・アップル品評会に行って来ました。

アプリコットのシーズンが終わると共に今季のプロジェクトも終わるということで、農家の方を招いて専門家による品評会を行いました。

IMG_2410.jpg


農家の方も興味津々で見つめていました。

IMG_2411.jpg

IMG_2412.jpg


そんで、私たちはここに何をしに来たかって??


アプリコットのタダ食いですよ。

80種類もあるアプリコット食べまくり。


よその目もあるから、あたかも専門家であるような素振りで勝手に品評して、食べまくっていましたww



そして、この日の夜にjicaの方と私の送別会を開いてくれました。

IMG_2432.jpg

ドミトリーの床で適当に座ってわいわい。

こんなことできるのも貧乏旅行者ならでは。


そして、みんなでお酒を飲めるのもこれが最後!!

本当に楽しかった、毎日。

特に何をするわけでもないけど、たくさんの出会いがあって語って。

また自分の知らない世界がいっきに広がりました。


フンザで聞いた川の音、葉のこすれる音、風の音。

目に映る大自然。

そして、私たちを「カスタマー」ではなく「ゲスト」として迎え入れてくれた現地の人たち。

本当にキラキラした時間を過ごせました。



こんなのどかな景色も、もう見れなくて。

IMG_2408.jpg


座ったら底抜けする椅子に出会うことも、もうないだろうし。

20120927-IMGP2726.jpg


本当にありがとう、フンザ。




いつもおいしいご飯を作ってくれて、楽しい話をしてくれたフセイン。

IMG_2428.jpg


最後に会えなかったけど、いつもゲストのために全力だったアスラム。(フセインの弟)

IMG_2427.jpg


一度も会ったことないけど、似すぎて大爆笑したフセインの双子の兄。

IMG_2431.jpg


そして、私が滞在中に仲良くしてくれたみんな。朝の5:30にわざわざ起きて見送ってくれました。若干、みんなかったるそうにしてるのがいいよね。

IMG_2434.jpg


ここではたくさんの経験も思い出も、友達もできました!

本当にありがとう!!

絶対また来ます。

次は誰かを連れて行きたい!


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
09

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

世界で唯一のホッパー村


ホッパー村に行って来ました。

どうやらここは、「世界で唯一、氷河が町(村)から見える場所」らしいです。(真相は謎)

カリマバードからバスに乗って1時間弱で着きます。

バスは常に時間が変更になるので、アリアバードで確認することをおすすめします!


私たちは2時間待ちました。

もちろん、チャイタイム。

IMG_2361.jpg

バスが来るまで適当にしゃべってチャイ飲んで。


そして、ホッパー村到着~~!!

IMG_2393結果

IMG_2371結果

村の一番奥に行くと氷河が見えます。

IMG_2372結果

氷河の上に行くまでには山(もはや崖)を降りなくてはいけません。


もちろん、降りました。

IMG_2380結果

ここで要注意!!!

現在、氷河が溶けかかっています。中が空洞になっている氷河もたくさんあるので氷河に上がる際には十分注意して下さい。
また、奥にある氷河にはクレパスがあります。奥に進みたい方はガイドを必ずつけましょう。(今年、フンザの別の山でベルギー人の女性が1人で氷河に行った際、クレパスに落ちて行方不明になりました)





眺めは抜群です!!!

IMG_2385結果

おじいちゃんだって負けちゃいません。

隣の村から氷河を渡ってきています!

IMG_2374結果

IMG_2373結果


風もない、草もない。

私たちだけの無音の世界。

IMG_2379結果

山に挟まれて、谷の間にすっぽりハマって。

何か不思議な気分。



氷河を見た後は村を散策。

外国人慣れしていないこと、シーア派が大半を占めていることで、女の子は完全クローズドマインドで写真NGでした。。

それでも、遊ぶのが私たち。

IMG_2394結果

いくらクローズドマインドでも、やっぱりどこにでも必ずいるのはおバカさんw

IMG_2401結果

小学生のように遊んでしまいました。

何か旅に出てると、大人になっていく自分と童心に戻る自分の2パターンを得られる気がします。


子どもたち(特に男の子)も素直で。

IMG_2402結果

村からの景色も最高!!!

IMG_2404結果

戻りのバスがないので、一泊して帰りました。


ホッパーの方々もシャイながらみんな親切でした。

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
02

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

EAGLE'S NESTまでの小旅行


イーグルス・ネストに行って来ました!

小旅行と行っても、同じフンザの中です。

イーグルス・ネストは、フンザの中で一番眺め良い場所です。

同じ宿の日本人、jicaの方、現地人と行って一泊してきました。

ギルギット帰還数時間後に行ったので、ヘロヘロでしたw


ここはと~~~っても眺めが良いのです!!!

IMG_2252.jpg

フンザ谷が一望。

本当に素敵な場所です。


朝ごはんもこの眺めで。

IMG_2257.jpg

IMG_2256.jpg


山々もしっかり見えます。

IMG_2259.jpg

とがってるのがレディーフィンガー、その両端がウルタルです。


ちなみに、イーグルス・ネストの由来になった鷲はホテルからほど近い岩の形から。

IMG_2262.jpg



帰りはトレッキングがてら歩いて帰りました。(もちろん、道に迷ったw)

IMG_2267.jpg


展望台もあって気持ちよかったです。

IMG_2271.jpg

IMG_2290.jpg


現地の方も下から「お~~~~~い!」と手を振ってくれました!

IMG_2294.jpg


やっぱり、こういうところに来たらジャンプでしょう!

IMG_2288.jpg


まぁ、このジャンプまでには長い道のりがありまして。

ここからは番外編。

IMG_2273.jpg

IMG_2281.jpg

IMG_2277.jpg

標高が高いのに何回もやったので、本当に~~~~疲れました。。。




IMG_2335.jpg

IMG_2329.jpg

IMG_2333.jpg


帰りにでっかいかぼちゃを発見しました。

IMG_2351.jpg

持ってみました。

すごい重かった。。。なんで持っちゃったんだw


ようちいさんもワラ担ぎに挑戦。

IMG_2339.jpg

IMG_2341.jpg

何とか担げたけど、これ46キロもあるんですって!!

それをおじいちゃんが担いで山道歩いてるんだから、本当にすごい。


そして、途中でヒッチハイクに成功。

IMG_2354.jpg

IMG_2355.jpg

親切な人が多いフンザでは、ヒッチの確立が高いです!


本当に素晴らしい一泊旅行でした!

みんなでいろんな話して、盛り上がって!!

久しぶりお湯のシャワーにも入れたしw

フンザに来たらちょっと足を延ばしてみて、イーグル・ネストへ!


IMG_2344.jpg

IMG_2345.jpg

IMG_2336.jpg

IMG_2337.jpg

IMG_2338.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
01

Category: パキスタン

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

日帰りギルギット


日帰りでフンザからギルギットへ行って来ました!!

ギルギットまでは乗り合いバスをすっ飛ばして3時間。

何のためか!!!!!!


ATMに行くため!


そう、たったそれだけのために往復6時間もかけて行って来たのです。

ここフンザ周辺には外国人が使えるATMがないので、ギルギットまで行かないといけないんだって。

確かに、この辺は電気も全然来ないから、ATM機を作っても使える時間帯が限られてしまいそう。


ちなみに、フンザ(カリマバード)からギルギットまでの直接便は朝の5:30のみで、それを逃すとアリアバードまで行って乗り換えなくてはいけないらしいです~~~~あ~~面倒w

ギルギットに行く前日はみんなでわいわい飲み明かしていたので、もちろん寝ずにそのまま行きました。

若いって素晴らしいなw


朝日を見てから。

IMG_2237.jpg

IMG_2240.jpg

フンザの周りは6~7000m級の山が連なっているので、陽が昇ってもなかなか姿を現しません。

でも、山のてっぺんがちょこっと陽の光を受けているのが何とも素敵。


そして、3時間かけてギルギット到着!

IMG_2243.jpg

フンザはイスラム教の中でもイスマイリー派という一番弱い宗派なので、イスラム圏とは思えないほどラフですが、ギルギットはシーア派やスンニ派も多くいるのでよりイスラミックな雰囲気がありました。

現に外で女性を見かけることはほとんどありませんでした。

ゆえに、アウェイ感が尋常ではない。

ギルギットくらいなら大丈夫だろうと思って、スカーフも巻いてなかったし。

こんなにも違うもんかとびっくりしました!

でも、フンザと変わらず良い人はたくさんいました。


ギルギットはマーケットもたくさんあるし、買い物にも最適。

IMG_2245.jpg

古着がとーーーってもかわいかったのです。

ATMでお金をおろすという、わずか数分の用事のために3時間かけて来たことに何だか悔しくなった私は買い物スイッチをON!!

輸入物のシャツとパンツを買いました。

2つで170ルピーと破格。(1ルピー=0.9円)

インドじゃ絶対に買えない値段も、優しいパキスタン人にかかれば半額もちょちょいのちょい。


結局、4時間ギルギットに滞在して、また3時間かけて帰ったのでした。

IMG_2246.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

3
4
5
6
7
8
10
11
14
15
16
19
20
22
24
25
27
29
30
10, 2012 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。