卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

初めてのホームステイ


サンタクルスで2週間のボランティア(お手伝い)をやっている期間に、ボリビア人の方と結婚した日本人女性に会いました。

私とゆうこちゃんが路上でピアスを開けてるときに、話しかけて来てくれて仲良くなり、その後お茶をしました。

まさに、出会い中の出会い!!(?)


旅で会う人はやはり旅人が多いので、現地人と結婚して現地で生活している人に会えるのは、私にとってかなり新鮮。

ボランティアが終わる頃、我が家に泊まりにおいでよ!と気さくに声をかけて下さったので、お言葉に甘えて数日ホームステイさせて頂くことに。

私みたいに本格的貧乏バックパッカーは宿でもドミトリー(相部屋)に泊まるのが基本で、盗難に遭わないように常に気をつけてなければいけません。


常に気が張った状態で、結構これが精神的にくる。

旅疲れというのも、こういう日々のことからきていたのだと思います。。


なので、安心して寝れる場所、スペイン語ではない場所w、何よりも現地の方のお家にお邪魔させてもらえることは私にとって本当に良い経験だと思いました。




しょうもない私のお世話をしてくれたのは、早苗さんとリデさん。

早苗さんは日本に飢えていた私に日本食を作ってくれたり、日本の番組を見せてくれました!



コチラ、感動のお赤飯!!

IMG_4782.jpg

ご飯がモチモチしてるよ!!!!

すごくおいしい!!!!!!

肉じゃがも最高でした!!!!!!


「MEGUMIちゃんが来てくれたから、お赤飯作るね」

と言って頂いたときは、お赤飯が食べられることよりも、小汚いしょーもないバックパッカーが来たことにわざわざお赤飯を・・・という感動が大きかったです。

本当に感謝!!




それから、早苗さんリデさん宅には3日間お世話になり、リデさんの実家やお仕事場を見せて頂きました。

迷子になって迎えに来てもらったりw、HD壊してお世話かけたり・・・本当に迷惑をかけに来たようなこの私←

そんな私の奇行にも笑い飛ばしてくれたお二人。。

本当にすいませんでした。。。




そして、私がサンタクルスを出る当日。

何と!!

早苗さんがお好み焼きを作ってくれました!

IMG_4786.jpg


同じバックパッカーならわかるはず、お好み焼きの貴重さを。

世界各地、日本食屋はたくさんありますが、ソースを使った料理が圧倒的に少ないのです。

なので、ソース料理に巡り合えることは・・・ほとんどないです。


しかもお好み焼きとか、海外ではあまり知られていない日本食!!


幸せすぎる。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ♪



しかも、そのお好み焼きには・・・

IMG_4787.jpg

Feliz viajeの文字。

これは、スペイン語で良い旅をという意味です。


あ~~ん、もう感動!。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ここまでして頂いて。。。

感謝しか言葉が出ません。。



そして、出発のとき。

バス停までわざわざ見送りに来てもらって、私のバスが出発するまで待っていて見送ってくれました。


早苗さん、リデさん。そして愛犬ゆりあ。


本当にありがとうございました(´;ω;`)



IMG_4791.jpg

元気な赤ちゃん産んでください♪



こうして、私はサンタクルスを後にしてボリビア最後の街を目指すのでした!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
25

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 1  Trackback 0

サンタクルスでお手伝い


※ウユニ塩湖からの続きです。


ウユニでみんなと再会した後は、ひろこさんとポトシまで移動。

行きは急いでいたので、完全にスルーだったポトシ。よくよく街を見てみると結構おもしろそう。

標高が約4090mの街ポトシ・・・・そう、恐れていたアレですよ、アレ!





高山病!!


まさかの再発!!!!(゚Д゚;)






東チベット以来、二度目の高山病。

今回も若干、熱を伴いました。

よくよく考えれば、ウユニまで来るのにスイスからすごいスピードでやってきて、ちゃんと睡眠も取ってなかったし疲れもあってか・・・

東チベットのときもそうでしたので、みなさん高地に行く時は休憩をしっかり挟んで行きましょう!

そして、私は4000mを超えると高山病になるらしいですw


結局、ポトシの街歩きさえもできず、記憶はまったくないのですが三日間寝込んでました。

あの睡眠量からいっても、かなり疲れていたと思われ。


一緒に行ったひろこさんには本当に申し訳ない。。

ひろこさんには東チベットでも高山病でお世話なったのに、再会したと思ったらまたここでも・・・

きっと、ひろこさんの中で私のイメージは「高山病」なんだろうなww

本当にありがとうございました。そして、お世話かけました。。



それから、私たちはサンタクルスへ移動。

サンタクルスはボリビアの第二の都市。

低地なので、ようやくここで回復。

そして、ひろこさんとはここでお別れ。


私、サンタクルスでボランティアやることにしたんです!

うちのおばあちゃんがカトリックで、教会が支援している乳児院がサンタクルスにあり、「サンタクルスに行くなら紹介するから行って見れば?」と言われ、行ってみることに。

最初はほんの少し顔出すだけの予定が、この時の私はとにかく旅に疲れていて、正直前に進む気になれませんでした。

少し気持ちを休憩させたい思いがあったので、思い切って2週間ボランティアさせてもらうことに。




でも本当、ここだけの話。(公だけど)、私、ボランティアって嫌いなんです。

正確に言うと、ボランティアという言葉が嫌いです。

そんなことを言いつつも日本でボランティアをやっていたこともあったし、ボランティアをやっている人も見てきたし。

そんな中でボランティアと職員の摩擦にすごく違和感を感じたんです。

たぶん互いが「ボランティア」という言葉に縛られているんでしょう。

その雰囲気がなんとなく嫌でした。

だから、海外に行って「社会福祉が専攻でした」っていうと、「じゃあボランティアとかするんだ?」とよく聞かれますけど、実は海外では一切やったことないし、する気もありませんでした。

ボランティア・・・というと何となく言葉の中にMUST感が出るので、「お手伝い」が良いかと。

(実際、私はボランティアといえるほどの仕事はしていないので無難な表現だと思います)



で、このサンタクルスの乳児院には他のボランティアスタッフも多数。

海外からのスタッフももちろんのこと、ボリビア人もいます。

ここで会ったのは日本人のゆうこちゃん。

私は、彼女に初めて会ったときから尊敬しました。



だって、ボランティアをするために一人でボリビアに来て、もうすぐ一年が経とうとしているんですよ!!!

私みたいな自由気ままなバックパッカーがひょろっとボランティアをするのではなく、彼女は最初からちゃんと目的意識を持っていたし、ボリビアでの公用語スペイン語も独学で勉強して今ではペラペラに。

ボランティアの面でも言葉の面でも、本当に目的意識が高くて、しっかりしているなぁと思いました。

年齢も彼女の方が一つ上なので、ほとんど変わらないのに私といったら・・・・旅に疲れているからボランティアなんてほざいてしまって・・・・(なので、私の場合は「お手伝い」になります)

自分が心底情けなくなりました。



で、年が近いってことで、彼女とは本当に二週間仲良くさせてもらいました!

ボランティアの内容や写真は個人情報がいろいろあり、載せられないので、私生活の様子を!



二週間の中で結構いろんなことしたし、おいしいもんも食べたし(ここですごい太った)。

その中でもやっぱりコレ!!



ボリピ!!

IMG_4762.jpg


バックパッカーでは有名なボリパ(ボリビアパーマ)はありますが(ボリビアでは安くパーマがかけられるということで多くのバックパッカーがここでパーマをかけます)、私は広めたいんです、この


ボリピ(ボリビアでピアス)を!!



サンタクルスにはピアス屋さんがいる通りがあります。

IMG_4761.jpg


屋といっても、ただ道に座ってるおじさん、おばさんたちで、25~30ボリでどこにでもあけてくれます。

耳はもちろん、鼻、舌、眉、ヘソ・・・等々。

この値段なら破格!!もちろん、麻酔もしてくれます!(施術前に麻酔の確認はしっかりしましょうね)



もちろん、私もやりました~~♪

IMG_4764.jpg

この写真は左耳トラガスの施術中。

鼻もあけましたよ!

トラガスなんて日本で自分で開けるのでも、トラガス用でピアッサーが5000円くらいするのでボリビアはすごいですね。

ちなみに、この一緒に写っているお兄ちゃんはすごく上手でした。




こうして私の二週間のお手伝い期間は終了。

この二週間で少しずつ旅への意欲も戻ってきました。


仲良くしてくれた、ゆうこちゃんありがとうね♪

IMG_4770.jpg



毎日、二人で飲めて幸せでしたヽ(・∀・)ノ

IMG_4780.jpg


本当にありがとう!!

無事に、二週間お手伝いを終えることができました。


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
20

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

緊急帰国のお知らせ



友人、応援してくださった皆様


このブログをいつも見て頂き、ありがとうございます。

突然で申し訳ないのですが、身内が亡くなったため帰国しました。

現在、既に東京にいます。


このブログの記事とリアルタイムでは少しタイムラグが生じているので、最後の国となったペルー編を書いてから詳細を載せたいと思います。


報告が遅くなってしまい、すみませんでした。

また、これまで応援してくださった皆様、コメントをくれた方々、本当にありがとうございました。




MEGUMI


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
13

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ウユニ塩湖 2日目


前回のウユニの記事で、皆様がウユニ塩湖を知っている提で当たり前のように書いてしまいましたが、実際のところ旅行好きかバックパッカー内でしか有名でないことが判明しました・・・

ごめんなさい!!


っというわけで、仕切りなおして今一度。


ウユニ塩湖はボリビアのウユニという地域(アルゼンチンの近く)にある塩湖です。

湖といっても、水はなく、塩で固められた大きい湖です。

南米では1~3月は雨季に当たり、この塩湖でも雨が降ります。

雨が降ると塩湖に水が溜まり、鏡張りが見ることができます。

そして、この鏡張りに一番関心を寄せているのが日本人!!

なので、雨季の時期は本当に~~~日本人が多いです。

ウユニという小さい街に日本人どわあああ~!!!日本人街みたいになります。

(欧米人は乾いている塩湖がお好きなようです)

雨季の終わりかけ、3・4月に行くと鏡張りも乾いた塩湖も両方楽しめるのでおすすめです!!


さて、ウユニ塩湖に関する基本情報はここまでw

最近、アナザースカイで佐藤隆太さんがウユニを選んできたらしいのでまた有名になりました!





ウユニ塩湖2日目。

この日は、谷さんと合流!!

このブログを通して見て頂いてる方ならわかると思いますが、谷さんの出没率高いですw

彼もまた中国・成都のメンバー。

これで、中国のメンバーが4人揃って再会です!!


まずは腹ごしらえ。

今回のツアーはこのメンバーです!

IMG_4680.jpg

IMG_4681.jpg



この日は昼~夕日~夜のコース。

夕日がちゃんと見れることを願って。


出発!!

IMG_4686.jpg



こちらが乾いた塩湖。

IMG_4685.jpg


とにかく眩しい。。

ただでさえ強い南米の日差しに、ウユニの標高の高さ、そして真っ白な塩湖の照り返し。。


目が殺られました。。


サングラスはもちろん必須!!

みなさんも気をつけてね。




そして、ドライバーのジョンがトリックアートの準備にかかる。

IMG_4696.jpg




完成品はコチラ。

531486_641916135834605_1975026252_n.jpg

575085_641916109167941_720749119_n.jpg




ちなみに、トリックアートをやっている人たちを単体で見ると何だか切ないww

IMG_4698.jpg




そして、夕日を見るべく鏡張りの方へ!!

291701_641915815834637_2054579154_n.jpg




水がある塩湖の上でバイクふかしてる現地人がいました。

IMG_4710.jpg

塩分濃度の高い塩湖でバイクで走るなんて!!

後で確実にエンジンがイカれるのに・・・・




そして、ここでやっておかなくてはいけないこと!!


タシデレ会の記念撮影!!

893898_503082949750572_1928795772_o.jpg


見事に4人揃って、来れなかったまるちゃん(既に帰国)とはるさん(チャリ旅のためヨーロッパ止まり)、まるちゃんのパンダのドーフ(谷さんのパンダはマーボ。二人合わせて・・・ってやかましいわ!ww)をサイドに入れてみました。

でも、みんなちゃんとお揃いで買ったストール持ち歩いて旅してます!

う~ん、素敵★





そして、日が暮れ始めました。

IMG_4712.jpg

IMG_4720.jpg




ジョジョポーズも忘れない。

IMG_4751.jpg

躍動感が素敵!!





IMG_4735.jpg

IMG_4737.jpg


今では多くの人が知るウユニ塩湖。

やっぱり来る価値はありました。

どこまでも広がる塩湖の上に、空のコントラストが反射してまた新しい世界を作る。

本当に本当に綺麗な場所でした。

自然って素敵。




この日を一緒に過ごしてくれた、みんなもありがとう!

487705_641921319167420_968587616_n.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
09

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ウユニ塩湖 1日目


ドイツからの長いフライトで到着したのは、


16ヶ国目

ボリビア!!



初めての南米。

ちょっとどきどきわくわく。


ここで待っていてくれたのは、大野さん。

大野さんとは3回目の再会。

一足先にアルゼンチンのブエノスアイレスから来ていて、待っててくれました。


翌日、私たちは駆け足でサンタクルスからウユニへ。

ここからウユニに行くには直通はなく(バスターミナルでウユニ直通あるよ!と言っているバス会社はNGです。実際は乗り換えが必要で二重請求される場合があります)、私たちはまずスクレまで行き、そこからポトシへ。

そして、ポトシからウユニに行ったので、2回乗り換えで30時間かかりました。。


で、どうしてもその日に着きたかった理由がコレ!!!



再会の約束!

IMG_4654.jpg

ウユニで待ち合わせをしていたのは、ひろこさん♪

私たち、3人は中国の成都で会って一緒に東チベットを周りました。

その時、ウユニで再会できたらいいね!なんて話をしていましたが、本当に再会できるとは思ってもみませんでしたw

お揃いで買ったストールももちろん一緒に旅してます!


ひろこさんがツアーの予約をしておいてくれたので、23時にウユニ到着→深夜2時のツアーに参加しましたww

ぶっこみすぎw


朝(というか深夜)発のウユニツアーは星空と朝日がメインです。


星空の中映るウユニ。

IMG_4597.jpg

IMG_4628.jpg



徐々に陽が明けてきます。

IMG_4596.jpg

IMG_4620.jpg



コントラストが本当に素敵でした!

IMG_4601.jpg

IMG_4639.jpg



そして無事に夜明け。

IMG_4671.jpg



どこからが塩湖でどこからが空か、わからないくらいの幻想的な世界。

IMG_4675.jpg



ちなみに、ここではトルコ、イスラエルで一緒になったしげさんとも再会。

しげさんとひろこさんは前にメキシコで会っていたので、共通のお友達なのです!

っというわけで、私たち3人は繋がってウユニで会うことができました!

IMG_4668.jpg

ポーズはよくわからないけどw、何とも背景色が美しい。




ウユニ塩湖―。

今では訪れる日本人も多く、有名な観光地となったウユニですが、やっぱり人気なだけあって本当に幻想的で素敵な世界でした。

建物は感動の限界がありますが、自然は毎日違う顔を見せてくれるのでおもしろいです!!


かなりハードな一日になりましたがw、みんなと無事に再会できたこと、美しい朝日を見れたこと、やっぱり来て良かったと思いました。


IMG_4644.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
06

Category: ドイツ

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

1日だけのドイツ~ラルフに再会~


前日のスノボーにより、全身バキバキ筋肉痛になった私。

たぶん、人生で一番のツライ筋肉痛でした。。。とほほ。


そんな中、スイスから向った先はドイツ!

スイスとドイツはお隣同士なので電車で簡単に行けます。


ルツェルンを発つ前日、マリウスがいきなり

めぐみ、明日の朝俺は家で仕事してから会社行くから、駅まで送るよ。

と言いました。。



いやいや、会社行けよww


会社は大丈夫。それより、スノボーの筋肉痛でバックパック持てないでしょ?ww車で送っていってあげるからw




おまん、どんだけ優男やねん!

。゚(゚´ω`゚)゚。ピー





これがマリウスです。優男代表ヤバイな。


こうして、本当に彼は朝家で軽く仕事して私を駅まで送ってくれました。

長い間(容赦なく一ヶ月滞在しましたw)、ありがとうございました!!

私なんかのために、有給使ってくれて観光案内してくれたこと、いろんな友達に会わせてくれたこと、とにかくいろいろありがとう!!

今度は私がマリウスのために何かできたらいいな。

うん、彼以上にね!


本当にありがとう!!!!

860858_10200763729043459_1114744148_o.jpg


また来るね!






こうしてルツェルンを後にして、電車でゆられること3時間。

到着したのは、フランクフルト!

IMG_4568.jpg

この日の夜、フランクフルトからのフライトだったのです。


そして、ここで待っていてくれたのは

ラルフ!


IMG_4579.jpg

ラルフにはパキスタンで会って仲良くなった仲です。

ラルフに関する記事はコチラ


彼がフランクフルトに住んでいたのは知っていたけど、私が行った時期に帰ってくるとは思ってなかった!

仕事の都合で私が行く前日に到着したようです。

う~ん、グッドタイミング♪


ラルフの愛用バイクも久しぶり!

IMG_4569.jpg


とにかく、私たちは時間がないのでこれまでの旅のことやこれからの話などなど盛りだくさんで話しました。


スイスに比べて、高い建物が並ぶドイツ。

IMG_4576.jpg

IMG_4574.jpg

町並みや人の雰囲気も変わります。


晩御飯はラルフのオススメレストランで!!

IMG_4570.jpg


ヤバイ、超ジャンキー!

IMG_4571.jpg


スイスで毎日、自炊してた私にとって外食はかなり久しぶり。

(スイス、物価高すぎて外食無理でしたw)

こちら、大変おいしく頂きました!

ご馳走様、ラルフ!


それから、ドイツビールを飲みに眺めの良いバーへ。

IMG_4583.jpg

う~ん、やっぱりドイツビールうまい!!

さすが本場です。


眺めも最高。

IMG_4577.jpg



こうしているうちに、空港に向う時間に。。。

こんな短い時間だったけど、いろいろしてくれてありがとう、ラルフ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

本当に会えてよかった!!

楽しかった!!


元気でね、またね!!!!!

IMG_4586.jpg


そして、また私の一人旅が始まるのでした。


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
05

Category: スイス

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

初めてのスノボー


スイス最後の休日、そして最終日。

スノーシューイングに始まり、クロスカントリースキー、そして最後に挑戦するのはスノボー!

何度も言いますけど、私寒いのすごい苦手なんです。

だから、みんながよくやってるスノボーすらやったことないんです。


スノボーにはエリックも来てくれました。

ちなみに、この日でイケメンくんバイバイ。

目指すはフランス!!

スノボーには参加できなかったけど、目的地の山付近から彼はヒッチハイクしてました。



車で1~2時間。

到着したのは、美しきスイスの山!


IMG_4562.jpg



ってかてか、こんなところから滑るのー!?

ねー死んじゃうよ!?

IMG_4563.jpg

IMG_4566.jpg



それはさておき、本当に本当に初めてのスノボー。


不安すぎる。。


てか、人間がボードに乗って横向きに滑るとか自殺行為だろぉおお。。

そんなこと考えながら練習開始。

882228_10200794404410324_1784016184_o.jpg



最初はマリウスが丁寧にフロントスピンとバッグスピンのやり方を教えてくれました。

私なんかのレクチャーより、彼も思う存分滑りたかっただろうに・・・。。うぅ、ごめんね、マリウス。

それから、何時間か練習して少しずつできるようになりました。



ぱっと見できてる風な私。

882752_10200794406610379_1186475959_o.jpg


でも後姿を見ると、尻もちの跡がしっかりw

858379_10200794407330397_344716216_o.jpg


無様すぎるww




最後はここから。

IMG_4564.jpg


マジで怖いし、初心者の来ちゃいけないとこだよね、これw

しかも、このときの雪質が悪くて、かなり硬い。

転ぶと、本気で痛いw


それでもエリックがノロノロスノーボーダーの私のペースに付き合ってくれました。

830445_10200794410410474_851553426_o.jpg


結局、最後までバックスピンからフロントスピンに切り返すことができなくて、半日のスノボーが終了。

悔しい!!!

そして、全身アザだらけの筋肉痛!!!

でも、楽しかった!!!!

日本に帰っても練習しようと思いました。


教えてくれたマリウスありがとね。

こうして、本当の本当にスイス最終日が終わりました。

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
03

Category: スイス

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

スイスでヒッチハイク~後編~


無事にチューリッヒに到着した私たち。

485094_631030770256475_1860943621_n.jpg




とりあえず時間がないので、一番行きたかった


スイスの名門

チューリッヒ工科大学へ!!




スイスといえば、世界トップクラスの教育大国。

スイスでは日本のように私立大学は多くなく、ほとんどが国立大学です。(私立大学を卒業しても国認定の学位がもらえないことがあります)

なので、大学自体の数もかなり少なく、大学進学率も28%と日本に比べるとかなり低いです。

多くの学生は高校卒業と共に職業訓練校というところに入ります。

そこからみんな就職したり、大学に進学したりするのです。

スイスの大学は、入学も卒業もとっても難しいのです。。


そして、スイスの教育制度の素晴らしいところは学費。

税金で賄われているので、学生は年10万前後。

これは留学生のも適応されることが多いです。

35歳までならこの値段で教育が受けられるそうですよ!

本当に素敵。



そして、スイス国立大学のトップ。多くのノーベル賞者を輩出しているのがこのチューリッヒ工科大学。

チューリッヒの中央駅から坂を上っていくと見えてきます。

164460_631030780256474_868512004_n.jpg

ちなみにこの坂、結構ツライ。。



工科大学は歴史のある建物で、外観も内観もとっても素敵なのです。


IMG_4561.jpg

IMG_4556.jpg

IMG_4554.jpg

IMG_4555.jpg


私は建築に詳しくないんですけど、それでもすげ~!と思える内装。

これが大学かよ・・・とびっくりしました。


ルツェルンにいたときも、ルツェルン大学に行ったんですけど、図書館や自習室の利便性が素晴らしかったです。

そして、何よりも学生の質。

とにかく、みんな勤勉。さすが容赦なく落第させるだけあります。

大学に入ってからグダってしまう学生が多い日本では考えられません。



無事にチューリッヒ工科大の見学が終わり、陽も暮れてきたのでルツェルンに帰ることに。

(陽が暮れたあとのヒッチは大変なようです)


イケメンくんは電車で帰りたそうにしていたけど、ヒッチで来たらヒッチで帰る!が目標なので頑張って高速のポイントへ。


11314_630575786968640_814627755_n(1).jpg

ここでは、ものの5分で成功!!!

仕事帰りとか多いみたいですね!!!


乗せてくれたフィリップさんは、オーストリア人のパイロット。

普段はアラスカでお仕事をしているそうです。

日本も一ヶ月ほど旅をしたことがあるとか!!

彼曰く、スイスでヒッチハイクは難しいんだって~~。

あんまりメジャーじゃないからね。。




こうして無事に私たちは、ルツェルンに到着!!!

525196_631030830256469_1340102983_n.jpg

いやいや、本当に楽しかったし中身の濃いヒッチハイクでした!!

イケメンくん、ありがとう!



そして、この日はロコレットの日♪

私が愛するロコレット。一体何回目だ、これw

イケメンくんがスイスに来て食べたことないっていうもんで、マリウスくんが提案してくれました。


マリウスの職場の友達、エリックとトルコ人(名前難しくて忘れた)さんも呼んで、みんなでわいわい。

164407_631030836923135_639154441_n.jpg

やっぱりロコレットはみんなで食べるのがおいしいですね!!



食後、イケメンくんに手巻きタバコのレクチャーも受けて楽しい日になりました。

529917_631030870256465_1952582900_n.jpg


こうして、私のヒッチハイクinヨーロッパは見事に成功となりました!

助けてくださった方、本当に本当にありがとうございました!


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
01

Category: スイス

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

スイスでヒッチハイク~前編~


2月某日、スイスの美しき街ルツェルンにやってきたのは、トルコのバスの中でちょっとだけ話しただけ。


世界のイケメン・良祐さん!

IMG_4552.jpg


良祐さんもまた旅人で、物価の高いヨーロッパをカウチサーフィンとヒッチハイクで周っているお方。

京大・京大大学院卒でなおかつ、Amazonでコ○ドームを箱買いした伝説の・・・・イケメン。



良祐さんの旅は、ヨーロッパでヒッチハイクをやってみたかった私にとってまさに絶好のチャンスでした。

私が今までの旅でヒッチハイクを成功させたのは、


まさかのパキスタン


しかも、耕農機ww

(ちなみに、耕農機2回トラック2回のヒッチに成功)


発展途上国に比べて、先進国のヨーロッパではカーシェアリングやヒッチハイクが結構盛んなのです。



っというわけで、イケメンくんと共にヒッチハイクで目指す都市は・・・


チューリッヒ!

295680_630175013675384_1354370633_n.jpg

(※チューリッヒはスイスの中では一番大きな街ですが、首都はベルンです)



ちなみに、全体像がコチラ。

58388_631030590256493_1127919668_n.jpg



イケメンくんのヒッチハイクアドバイスによると・・・

1、ヒッチで大きな街に向うときは高速の入り口付近で。
2、車が止まりやすいような場所の手前がGood(バス停とかね)。
3、ヒッチのときは大げさに笑顔で対応。←かなり重要


だそうです。


私たちが目指したチューリッヒは大都市なので、高速入り口付近待機。

アジア人女子がヒッチしてるってことで、ドライバーの方々は結構興味持って見てくれたり、行かないわ~ごめんね~みたいな仕草をしてくれたり、反応はいいかなって思ってたんですが・・・・


まったくつかまらない。。



それからいくつか場所を転々としながら試みたものの・・・



2時間以上経過―。



寒空の中、ヒッチの過酷さを知った私は

喫煙タイム

482332_631030653589820_1236981288_n.jpg


(半分いじけてます)




それから再開。

時間もお昼前と日帰りでチューリッヒに行って戻ってくるには時間も迫っていました。


すると一台の車が・・・!

英語が堪能が白髪のおばちゃん。

チューリッヒに行きたいと言うと、自分はチューリッヒまでは行かないけどルツェルンとチューリッヒの間の街ズグというところまでなら行く、それで良ければ。ということ!!

とりあえず私たちは進まなければいけなかったので


OK。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ♪



車の中でおばちゃん弾丸トーク。

私たちが日本人だと知ると、日本に旅行を計画しているおばちゃんはとっても嬉しそうでした。


そして、おばちゃんからあなたはスイスの何が好き?と聞かれたので、チョコとチーズ!と即答すると、おばちゃんもチョコ好きらしく、そうなの!なら私がおいしいチョコレート屋さんを教えてあげる。ズグにもあるのよ。時間あるかしら?連れて行ってあげるわ。

そう言っておばちゃんはズグ到着後に、ズグの町案内とチョコレートショップに連れて行ってくれました。


ズグの街は大きくないけど、綺麗です。

IMG_4544.jpg

IMG_4546.jpg

IMG_4547.jpg



落ち着いていて、とても綺麗な街でした。


そしてチョコレートショップ。

スイスでは結構有名なお店で比較的大きな街なら、だいたいどこにでもあるということ。

お店の中にはイースター(キリストの復活祭)のためのうさぎちゃんチョコが。

644686_631030676923151_15993618_n.jpg



ここで、おばちゃんが私たちにチョコとマカロンをご馳走してくれました!!

チョコは間違いなくおいしいかったです。

マカロンは日本で初めて食べたときに、見た目と味のギャップに「え?」ってなったけど、スイスのマカロン激うま。

シャンパン味とかあってすごくすごくおいしかったです!!

おばちゃん、ありがと!!!!


それから、おばちゃんオススメの花屋へ。

くっ・・・花屋までもめちゃくちゃかわいいぜ、スイス。

IMG_4551.jpg

IMG_4548.jpg

IMG_4549.jpg


ここにもイースターを祝うための卵が。(イースターの象徴はうさぎと卵です)

IMG_4550.jpg


こうして、おばちゃんのちょい観光案内終了。

帰り際に、市販に売っているおばちゃんオススメおいしいチョコを私たちに買ってくれました。

どこまでも素敵な人でした。

ありがとうございました。



ズグの高速のガソリンスタンドで降ろしてもらった私たちは、そこからチューリッヒに向うためにヒッチ再開。

ガソスタでのヒッチは高確率でつかまるらしく、私たちもものの数分でチューリッヒ行きの車をつかまえました。


ちょっと静かめで英語があまりできないおじちゃん。

家はチューリッヒの手前だけど、今日はもう仕事が終わったからって駅まで送ってくれました。

ありがとう!!



こうして、私たちは無事にチューリッヒ到着!

599206_631030716923147_530789566_n.jpg



途中、諦めかけたけど何とかここまで来れました!!

みなさんに感謝!!


次回、ヒッチハイク後編~チューリッヒ観光~です!!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2
4
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
29
30
04, 2013 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。