卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

Category: ペルー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

砂漠でサンドボーディング


マチュピチュ村から無事にクスコに戻って来て、二日間ほどゆっくりしました。

クスコからペルーの首都リマにそのまま行こうか、かなり迷ったものの、リマより北側は見どころがほとんどなくエクアドルに行くまでに少し時間があったので、結局イカというリマ手前の街へ。


イカは決して大きい街ではないものの、砂漠があり、そこでサンドボーディングができるので観光客はちらほら。(といっても、ほとんどが西洋人)

サンドボーディングは一回のツアー(サンドボーディング3~4回と夕日のセット)で40ソル~と結構お得なんです。


そして、さっそく挑戦!






こんな感じのジープに乗ります。

DSC05027.jpg




このジープがものすごいスピードで、砂漠を駆け巡ります。

そこいらのジェットコースターよりも、遥かにエキサイトできるレベル!!

慣れてくると普通におもしろいのですが、全身に砂漠の砂を浴びますw



そして、サンドボーディングはこんな急斜面から。

DSC05031.jpg




スノーボードをやっている人でさえも難しいサンドボーディング。

砂漠の砂がサラサラなので、ボードの上に立つことはかなりの難易度です。

そのため、サンドボーディングの基本姿勢はうつむき。



ボードの裏側に滑りが良くなるオイルを塗って、スタート!!

DSC05040.jpg


図り知れない速度ww

いっきに降下!!!!


DSC05041.jpg


そして、終わった後はあまりにエキサイトしたので爆笑ww

DSC05052.jpg



何コレむっちゃおもしろい!


というのが正直な感想。

久々のアクティビティにご満悦。


しかし、終わったあとにはポケットの中に大量の砂・・・w

砂まみれとはこういうことですね。

カメラを持っていく時は、しっかりとビニール袋に入れていきましょう。



砂漠から街も見えます。

IMG_5038.jpg



徐々に陽も落ちて、少しずつ変化するイカの砂漠。

DSC05058.jpg



砂漠の良い所は、毎回違った表情を見せてくれるところ。

砂丘に影ができたり、変化する砂の模様が何とも美しいのです。


そして、ここイカの砂漠も夕日が本当に素敵でした。

IMG_5047.jpg



想像以上にエキサイトしたイカの砂漠!!

日本のガイドブックにはほとんど載っていないそうですが、私としてはかなりオススメできる場所です!

もし、時間がある方はぜひぜひ行ってみて下さいね~。


DSC05051.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
28

Category: ペルー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

マチュピチュへ行こう! 後編


前日、オリヤンタンボから10kmの線路道を歩き、無事にマチュピチュ村へ到着。

筋肉痛がしっかりきたものの、翌朝は目当てのマチュピチュへ!!


マチュピチュ村からマチュピチュまではバスで20分程度。

久しぶりに観光地に来たので、あまりお金のことをうんぬんと言いたくないのですが、やはりこのバスも去年に比べて値段が上がっていました。($7→$9)

一泊400円の宿に泊まったのに、バス代$9ってどういうことだよwww




そして、


マチュピチュ到着!!


IMG_4969.jpg



私もついにココまで来たな(ドヤッ

IMG_5013.jpg



マチュピチュの中が混んでいたので、いったん太陽の門へ行くことに。

入口から歩くこと1時間。

だんだん離れていくマチュピチュ。

IMG_4971.jpg


マチュピチュはさすがに古いだけあって、道もそんなに良くないのでマチュピチュ内もトレッキング状態。

観光客はじいちゃんばあちゃんも多いから、大丈夫かしら・・・と心配になっちゃいます。




そして、無事に太陽の門に到着。

IMG_4980.jpg


太陽の門から見たマチュピチュはすごく遠い存在に感じました。

ここからバスで上がってきたいろは坂も見えるし、マチュピチュ村も見渡せます。


この時期は一日に一回はスコールがあるペルーでも、この日ばかりは快晴で天気も良く、気持ちよくトレッキングができました。

そこから、再びマチュピチュへ戻り、今度は遺跡内部へ。



マチュピチュの中は技術者居住地区とか、いろいろ細かく分かれていますが、今はほとんど原形がないので違いがイマイチわかりませんでした。

しかし、インカ帝国時代に作られたにも関わらず、積まれた石は正確に削られて積み上げられていました。

IMG_4985.jpg


当時の技術からいって、巨大な石を正確に水平に削るのは相当な難易度だったようです。

未だにこの石がどのように削られたかは定かではないとか・・・。


IMG_5008.jpg

IMG_4986.jpg




反対側の景色は山を一望でき、とにかく自然いっぱい!!

IMG_4998.jpg


どの角度から見ても綺麗な遺跡です。

IMG_5000.jpg



マチュピチュ内、広いとは聞いていたものの・・・本当に広かった!

こりゃ、マチュピチュ山とか登る人は最低2日は行かないと無理ですね。。



こうして、汗だくになりながらもマチュピチュ観光終了!!

帰りはバスに乗らずに、歩いて帰路へ。(村まで7km)



翌朝、私だけ再び10km歩くコースを選びました。

帰りも同じ道を歩き、一人るんるん気分。


IMG_5024.jpg


帰りは一人だったので、2時間で水力発電所に到着。

コレクティーボを乗りついで、夜にようやくクスコへ戻りました。


なんだかんだ、この3日間で35kmくらい歩きました。

でも痩せなかったのがかなり残念。。。



久々の世界遺産!

っとうか、久々の観光!!

トレッキングもできて一石二鳥。

楽しかったです。


IMG_5016.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
24

Category: ペルー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

マチュピチュへ行こう! 前編


クスコまで来たら、必ず行っておきたい所はマチュピチュ!

クスコからマチュピチュがある麓の村、マチュピチュ村まで行くにはいくつかの方法があります。



1、クスコからマチュピチュ村までの直通電車を使う。(片道$100)

2、オリヤンタンボ(中間地点)までコレクティーボ(乗合タクシー)で行き、そこからマチュピチュ村まで電車。($50)

3、オリヤンタンボ経由で水力発電所までコレクティーボで行き、そこからマチュピチュ村まで10km歩く。(¥1500~2000)




お金のない私が選んだのは、もちろん3番。


値段を見てもらえればわかりますが、マチュピチュ村まで行くのが本当に高い!!!!!

同じクラスの電車に乗っても、ペルー人なら数百円のところ、外国人だからというそれだけの理由で$100取られます。

完全に意味わかりません。


他国の遺跡もそうですが、入場料が結構高いんです。

でも、それは崩れかけている遺跡の維持費がかかったりするから許せるものであって、なぜ行くまでにこんなにお金をかけなきゃいけないのかと純粋に不思議に思いますね。(特にペルーだけがこれほどまでに高い)


もうちょっとバックパッカーを労わってくれ。。。


しかし、交通費をこれほど高く設定しても人気の観光名所マチュピチュ。

ペルー政府のいやらしさがここで見れました。




こう見えて、歩くのは結構好きなのですが、さすがに10kmという距離は今まで歩いたことがないので不安でした。

そういっても、お金がリアルにやばくなってきた頃だったので、節約、節約。

同じ宿の日本人の方々も誘って、いざマチュピチュ村へ!!



しかし、オリヤンタンボから水力発電所まで行く途中、


まさかの土砂崩れ!!!笑

IMG_4944.jpg


土砂崩れがよくあるとは聞いていたけれど、まさか自分にまわってくるとは・・・笑

しかし、水力発電所まではこの一本道しかありません。

反対側からきているバスや車も足止めになっていたので、


みんなで仲良く土砂撤去!

IMG_4946.jpg

こうなったら、客もドライバーも関係ない。

みんなで一刻も早く撤去するのが優先。

力のあるペルー人と欧米人の男子が頑張ってくれました。



その後、無事に道は開かれて、水力発電所に到着。


水力発電所からマチュピチュ村までは、ひたすら線路道を歩きます。(なので道は簡単です)

IMG_4960.jpg



川もあり、

IMG_4948.jpg


山もあり、

IMG_4947.jpg


天候も良く、自然が広がります。



本当に線路道なんですよ。

IMG_4949.jpg


たまに電車も来ます。

IMG_4954.jpg



橋だって渡ります!

IMG_4950.jpg



あ~お尻ヒュンヒュンする、こういうの!!

IMG_4951.jpg



こうして私たちは3時間後、無事にマチュピチュ村に到着しました。

辺りは既に真っ暗。


IMG_4962.jpg


歩いていく方は、懐中電灯忘れずに!!

道が悪いので、転んだり、崖に落ちたりする可能性があります!


宿も決まって、歩いてここまで来れたことに感動しました。(自分で自分にね)

この日のビールは最高においしかったです。


後編へ続く~。


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
22

Category: ペルー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

アルパカとリャマの牧場~アワナカンチャ~


私が、マチュピチュよりも楽しみにしていたのはコレ!!!


アルパカとリャマの牧場に行くこと!!



クスコと言ったら、まず思いつくのがマチュピチュ。

でもでも、実は郊外にアルパカとリャマに会える牧場があるんです。

しかも、入場料無料。


牧場の名前はアワナカンチャ。(地名ではないので注意してください)

コレクティーボ(乗合タクシー)に乗って、30~45分。

運転手に「アワナカンチャ!」と伝えても知らない場合が多いので、右手を常に見ていた方がいいです。すぐに見つけられるので、すかさず「おろして!」と言いましょう!



この日は、仲良くなった夫婦で世界一周中のともさん、あさこさんと同行。

私たちは3人だったので、普通のタクシーをシェアしました。


アワナカンチャはアルパカだけではなく、リャマやビクーニャもいます。

また、スタッフは英語が話せます。



こんな奴とか。

IMG_4846.jpg


こんな奴までいます。

IMG_4875.jpg



餌も無料であげ放題。

IMG_4848.jpg

IMG_4856.jpg

IMG_4859.jpg



いや、むしろ向こうから勝手に奪ってくる。

IMG_4863.jpg



一番おもしろかったのが、餌を持って走ると向こうも一緒に全力で走ること!!!

IMG_4877.jpg



これには大爆笑!!!

食欲ってすごいっす。




そして、念願のアルパカくんと対面。

IMG_4888.jpg


毛を刈った後で、しかもスコールの直後だったので、ふわふわ感が感じられないww

でも、この牧場は策の中にも入っていいし、アルパカにも触れるのでベリーグッドです!!



私が行った時は、生まれたての子アルパカもいて、超かわいかったです。

IMG_4912.jpg


見よ、この正面顔!!!

IMG_4911.jpg



ただ、やはり人間に慣れていないので、最初はかなり警戒されました。

でも、時間をかけてゆっくり近づく。

IMG_4894.jpg



餌でつったりして。

IMG_4898.jpg

IMG_4900.jpg



最終的に、触れました!!!

IMG_4907.jpg



わーい♪


あ、でも皆さん、大人のアルパカには気をつけて下さいね。

後ろから触ろうとすると、警戒して足蹴りされますよ!


ともさん、足蹴りくらって触れなくなってましたww

IMG_4914.jpg




そして、ここには牧場にいるアルパカやリャマの毛を刈って、織物をしているインディヘナの方々がいます。

IMG_4881.jpg

おばちゃん、渾身のドヤ顔!!!


本当に色合いが美しい。。

IMG_4882.jpg

IMG_4883.jpg



押し売りとかもしてくるわけでもなく、とっても雰囲気の良い方々でした!

ありがとうね~!!!



猫もいるアワナカンチャ、時間がある方は是非行ってみて!

IMG_4923.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

16

Category: ペルー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

クスコのおすすめ


プーノを颯爽と出てクスコへ向かいました。

クスコはペルーで一番有名なマチュピチュの拠点となる街です。


今までの雰囲気とは打って変わって、かなり都会?的。

教会に石畳、とっても綺麗です。

IMG_4837.jpg


この日は何かのセレモニー。

IMG_4838.jpg


クスコはマチュピチュを訪れる観光客やバックパッカーがたくさん滞在して、とにかく観光地化が進んでいます。

それもあってか、警察官の数がスゴイ。

中心部の広場には24時間、警察官が見張りをしています。

ようやく少し安心できる街に来た気がします・・・笑



そして、私の大好きなメルカド(市場)もあります。

IMG_4833.jpg

IMG_4836.jpg



さすがクスコ、盛り上がっています!

※メルカドはとても楽しいですが、現地人が多く、治安もそんなに良くないので慣れていない方は注意して下さいね。




では勝手ながら、クスコでいくつかのおすすめを紹介したいと思います。



まずはメルカドの食事。

ここにはほぼ毎日通いました。


このおばちゃんいます。

IMG_4841.jpg

すごい愛嬌のあるおばちゃん。

ビニール袋ちぎって、ゴム代わりに髪にくくりつけていたのがカワイイ。

何よりも魚料理があるのが素晴らしい!!

ボリビア(内陸)にいた私にとって魚欲望度MAXだったので嬉しかった。。。

しかも一食4ソル。(約160円)



ペルー料理は必ず前菜にスープが付きます。

IMG_4840.jpg


このスープ、かなりデカイ器に入っており、しかも毎回ご飯か麺入り。

初めてペルー料理を食べたとき、これで終わりかと思って「お会計~!」って言ったら、まぁまぁ出てきた更なるメイン料理!!

スープとメインでだいたいどこでも4ソルですが、とにかく量が多いので食べ切れたことは一度もありません。。

それでも、結構頑張って食べていたので、案の定デブの道へ。。



で、そんなお気に入りの一品がコチラ。

IMG_4842.jpg

魚はスペイン語でPESCADO、魚を食べたい人はこの単語を連呼しましょう!

これは揚げてあって、小豆ソースがかかっていて日本人好みの味でした。

本当に飽きもせずに毎日おいしく頂いて・・・・



一緒に来たパッカー夫妻も気に入ってくれました!

IMG_4839.jpg

(何度も言うけど)・・・・


夫婦で世界一周とか羨ましいぃ~!!

本当、次回は絶対二人旅したいです。

ともさん、あさこさん夫妻。

私に次の野望をありがとうございました!


メルカドのご飯はちょっと・・・と言う方、広場近くにある「プカラ」というお店もおすすめです。毎週土曜日のランチは日本料理で、オーナーさんが日本人ということでとにかくおいしい!クオリティが高いです。値段も10ソルと高めですが、ペルー料理も提供しているので是非ぜひご賞味あれ。




お次は、普段あまりしない宿紹介。

昔、インドで会って仲良くなった日本人の方におすすめをされたので泊まりました。


casa del Inka

9984_171060749717009_42479682_n.jpg


この宿、街の中心地にあるもののアップアップのすごい場所にあるので行くのが一苦労・・・

でも、宿からの景色が最高。

何よりも、スタッフの良さ。

家族経営なので皆とってもフレンドリーで、親切です!!

ここは本当、久しぶりに良い宿見つけたなって思いました。


1泊20ソル(ドミトリー)、Wifiあり、情報ノートあり、朝ごはん付き・・・です!






そして最後に、クスコといえば

インカブーツ!


まぁ~~なんでも「インカ」って付ければ売れると思って~~~なんて最初は思ってた私も、インカブーツは普通に良かったので作ってもらいました。

クスコにはいくつかインカブーツをオーダーメイドできるお店があります。

お店によってブーツの特徴が違うので、いろいろ周ってみて値段なども相談してみて下さい。


私が頼んだのはこんな感じ。

IMG_5030.jpg

日本に帰ってからも普段使いしたかったし、ショートブーツが欲しかったので、あれやこれやいろいろ注文付けて作らせました。

値段も最初は150ソルと言われたのを、強引に100ソルに負けさせましたw

お兄ちゃんが絶望的な顔をしていたのは忘れませんwありがとう!

出来栄えもバッチリで大満足!!(完成まで24時間です)


サイズ、色、形、装飾・・・全てオーダーメイドで何と4000円!!!!!

日本でインカブーツを買うと、既製品で15000円以上はします。

これはお得。

女子の皆さん、ここしかないですよ!!!



以上、クスコのおすすめでした~!!!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
11

Category: ペルー

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ペルーのインディヘナ


ボリビアからペルーのプーノに無事到着。

プーノはボリビアとペルーの国境付近にある小さな町です。

チチカカ湖があるので、観光地化が進んでおり、たくさんの観光客が来る町でもあります。


IMG_4803.jpg



みなさんは南米といったら、どんなイメージを抱きますか?

やっぱり、ラテンですか?

スペインの植民地だったこともあり、私はラテンのイメージで来ましたが、意外とラテンっぽくなったというのが正直な感想です・・・笑

人の顔つきも、アジア系に似ており(ブラジル・アルゼンチンなどは除く)、町の中でもインディヘナ(先住民族)をよく見かけました。

IMG_4807.jpg




で、ここプーノはインディヘナの人が多く暮らしています。

チチカカ湖の浮島にはボートで簡単に行くことができ、そこで暮らすインディヘナに会うことができます。


IMG_4811.jpg

IMG_4804.jpg


最初に言ったように、そんなインディヘナの方々の暮らしを見たくて来る観光客は多く、残念ながら完全に観光地化されてしまったプーノ。

観光地が悪いというよりは、その一つの観光資源に頼ってしまっている現地人がその人たち本来の良さを消してしまっていることが残念でした。

前にウガンダでピグミー族と喧嘩した話をこのブログにも載せましたが、やっぱりどうしてもそうなってしまうんですよね。特に田舎の観光地は。




そんな話はさて置いて!!

私がインディヘナの中で一番気になっていたのはコレ!!

IMG_4806.jpg

髪の毛につけたボンボン!!

インディヘナの女性は黒髪・三つ編み・このボンボンがマストアイテムらしく、皆さん付けています。

が、このボンボンにどんな意味があるのか、未だにわかりません。

大きいの付けてる人は、ボス的存在なのかな?とか勝手に思ったりもしましたが、なにぶんスペイン語が話せないので、相手に聞くこともできません・・・涙

ボンボンの謎、わかる方いたらMEGUMIまで一報をお願いします!



私が行ったウルス島がチチカカ湖の中では一番有名で、おもてなしという名の金儲け相手にされます笑

子どもも親に協力するわけですね。

もうやる気のないこと。

IMG_4820.jpg

そんなことより、この子たちのこれからの将来が私は心配だわ、本当。

学校に行けてるのかしら。

これから親と同じように観光客相手にマネー人生を歩むのかしら。

夢はあるのかしら。。。


IMG_4819.jpg

心配です。(母の目)




それから、お土産物やら何やら買わせるコースを歩かされ(お決まり)

IMG_4814.jpg

貧乏バックパッカーの私はそんな土産屋をするりと抜けて、プーノの町へ戻りました。



今回このウロス島へ行ったのは、インディヘナの方々の写真をどうしても撮りたかったからです。

町にもたくさんいますが、勝手に写真を撮ると怒られる可能性もあるので、堂々と撮れる場所ということで行きました。

インディヘナの人たちの生活が見たい!と期待している方は行かない方がいいかもしれません。。


っというのも、このウロス島に案内したガイドと軽く喧嘩になったからで、かなり嫌な思いもしましたので・・・笑

そして、その夜私はプーノを発つことを決めました。(直感命です)


それでは、いざクスコへ!!

IMG_4822.jpg

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
09

Category: ボリビア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ボリビア出国


2週間弱いたサンタクルスを後にし、次に向ったのはボリビア最後の都市ラパス。

ラパスは事実上の首都となっています。(本当の首都はスクレですが、ラパスの方が都市化が進んでいるので政府機関などは全てラパスにあります)

標高が高い街が多いボリビア、ここラパスも3800mと高めです。

私はポトシで高山病になっていたので(ポトシの標高4090m)、既に体が順応しており、ラパスでは体調万全でした!


ラパスに到着した時点で、ボリビアのビザが切れるまで残り2日。

結構ギリギリです。


サンタクルスよりも都市化が進んでおり、街の広場にはヨーロッパを漂わせる教会や建物。

IMG_4794.jpg


ラパスの街は大きなすり鉢状になっており、下に行けば行くほど富裕層、上は貧困層が住む仕組みになっています。

なので、用事がないとき以外は上の方には行かない方が無難。治安の善し悪しが変わってきます。



宿から歩いて数十分。

眺めの良い公園に行きました。

IMG_4797.jpg

標高が高い街はどこもそうだけど、坂が多くて移動が本当に大変です。。

ただでさえ、標高が高いのに坂を上がったり下ったり・・・ちょっと歩くだけで息が切れます。

これにバックパックを持っていると更に過酷な状況に・・・笑


この公園、ボリビアにしては(?)穏やかな雰囲気で、たくさんのカップルのデートスポットになっていました。


IMG_4795.jpg



ちっ、リア充め(`Д´)


そういうラブラブシーンとか、こっちは求めちゃいねーんだ。



と言いつつ、私も記念撮影。

IMG_4799.jpg

南米に来てから、更にデブに磨きがかかっております。

顔がパンパンなのは、きっと標高が高いせいだね!!

私はそう信じてる。




ラパスに来て行きたかった泥棒市(盗難品やコピー品が安く売られている市場。木曜・日曜開催)は日にちが合わず行けませんでした・・・( ;∀;)

有名なオバプロ(おばちゃんたちが本気でプロレスする。日曜開催)も行けず。。

散歩だけでラパスを満喫しました!!





そして、ビザが切れる当日、ラパスからペルーのプーノへ。

コパカバーナ経由で行きたかったのに、こんな時に限ってストライキで行けない。。ツイてないな。。

しょうがないので、超ローカルバスに乗ってペルー手前まで。


ボリビア側のイミグレーションで出国審査を済ませて、




ボリビア、ばいばい!

IMG_4800.jpg


ゲートをくぐって、歩いてチチカカ湖を渡りました。

IMG_4802.jpg


ペルー側のイミグレでも無事に入国審査を済ませて、

17カ国目、ペルーに入国!!!

そこから更にローカルバスに乗ってプーノへ。



1か月ビザ満期までいたボリビア。

旅人との再会に、ボランティア、ホームステイ。。

スペイン語がわからずもここまで来れて一安心です。

助けてくれた皆様、ありがとうございました。


では次回からペルー編。

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
25
26
27
29
31
05, 2013 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。