卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26

Category: ケニア

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

スラム2日目


スラム2日目は、1日目同様にジョンさんの付き添いで行って来ました。

この日は土曜日だったので、子どもたちの学校もなく、朝からスラム内は家のお手伝いに励む子、ついつい遊んじゃう子、兄弟の面倒を見る子・・・・など、たくさんの子どもで賑やかでした。

IMG_4229.jpg

外国人の立ち入りがほとんどない、このスラムで物不思議そうに私の様子を伺う子もたくさんいましたが、多くはとてもフレンドリーに話かけてきてくれました。

カメラを持ってるだけで、これだけの子どもが集まるんです!!笑

IMG_4230.jpg




子どもたちの襲撃の後は、ジョンさんのお父さんとお兄さんのいるお家に連れて行ってもらいました。

お兄さんはとても英語が堪能な方だったので、いくつかスラムについて質問しました。


前回の記事にも書いたように、スラムが大きさに比例して問題も肥大化していきます。

このスラムにもたくさんの問題はありますが、初めて入ったときから感じていた違和感のようなもの。

今までいろんな国のスラムに行ったけど、何だかここの雰囲気は違うな、と感じていました。

それがはっきりとわかったのは少し経ってから。


ここのスラムには「差別意識」がほとんどなかったのです。

カンボジア、インド、パキスタン・・・いろいろなスラムに行きましたが、どのスラムも閉鎖的で外部からの差別がすごい圧力で彼らを圧倒させていました。

でも、このスラムは違いました。

いわゆる都市に住んでいるお金持ちの人であっても、スラムに住んでいる人に対して決して差別的な態度をとることはありませんでした。

もちろん、中にはスラムに対して嫌悪感を抱いている人もいると思いますが、それが旅行者である私の目に映ることは一切ありませんでした。

日雇い派遣の人の多くもダウンタウンで働いています。


それが私にとってはすごく不思議というか・・・意外だな、と思ったところでした。


今までいろんな国のスラムに行ったけど、ケニアの人はスラムに対して距離感をあまり感じていないのかな。すごくフレンドリーだし、お互いが近い存在だと思っているの?だいたいどの国のスラムもみんな差別されているよ。


あぁ、そうだね。ここにはあまりそういう概念はないかもしれない。他の国は差別的なのか・・・それは驚きだね。
確かに、ここのスラムは貧しいけど、人はみんな親切だし、とても心地良いよ。住みやすさはある。





じゃあ、あなたにとって人生で必要なものって何?


う~ん、PEACE!!!(平和!!)俺たちはいつだって平和を求めているんだ。



彼は即答でしたが、私にとってこれは驚きの回答でした。

この質問を投げかけるときに、少しだけ自分の中で用意していた答えがありました。

仕事、お金、教育・・・・その中なんだろうな、と安直に考えていた自分が恥ずかしくなるくらいお兄さんの回答はもっとクリーンでピュアなものでした。


平和・・・・きっとこれが私たちの幸せの根源であるということ、幸せであるはずの私たちよりも彼らのほうがずっと前からわかっていたことだったんです。



ジョンさんのお兄さん、お父さん、大変貴重なお話をありがとうございました!

IMG_4231.jpg





その後はジョンさんにケニアの地酒を見せてもらいました。

IMG_4242.jpg

うきゃ~~

何か浮いてる。。。


お酒大好きな私もさすがにこれは手つけず・・・ww

匂いは焼酎のような香りでした。

IMG_4241.jpg




それから、ベビーシッターをしている方に頼まれて写真を撮りました。

IMG_4250.jpg


その方は、私今とても幸せなの。平日は教師で土日はベビーシッター。大好きな子どもに毎日囲まれてるわ。と言ってくれました。

私が質問する前に、今自分自身が幸せであることを再確認するように話してくれた彼女は少しだけ涙を流していました。

胸を張って、「今私は幸せです!」って言えている彼女。

堂々と凛として、素敵でした。





スラムの中の日常は、私たちが思っているよりも温かみがあります。

私たちの日常があるように、彼らにも日常があります。

そんな中に少しだけ、今回は入れさせてもらいました。


IMG_4264.jpg

IMG_4267.jpg

IMG_4253.jpg

IMG_4262.jpg





普通の旅行者では立ち入るのが難しい一般家庭にも、お邪魔させていただき、ジョンさんに感謝です。

IMG_4270.jpg

(ジョンさんと奥様の姉妹家族)





ほんのつかの間のスラム滞在。

私にとっていろんなことを振り返る良い経験になりました。

いろんな人に会うことがこの旅の目的でもあります。

これだけ自分の生活や世界観と離れた人と話せたこと、彼らの気持ちや意見を聞けたことはこれから「こんなことしたい」と、ただ漠然と考えている私には最高の刺激と考える機会になりました。


ありがとうございました。

IMG_4274.jpg


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
leave a comment





プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。