卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01

Category: 日本

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

緊急帰国のワケ


今回、緊急帰国という形で旅が終わってしまいましたので、その経緯を書いていきたいと思います。


イカでサンドボーディングを楽しんだ日の夕方、ネットカフェに行き、メールなどをチェックしました。

イカではネット環境がなかったので2日ぶりでした。



そこには、家族から数通のメール。


おじいちゃんが今朝亡くなった。帰ってこれるなら帰って来て欲しい。


という内容でした。




すごくショックでした。

もう何と言えばいいか・・・・とにかく、頭の中が混乱していて、どうしていいのか自分でもわかりませんでした。

すぐ家族に電話をして、事情を確認しました。


私のおじいちゃんは、前からアルツハイマーで体調も良くなく、入退院を繰り返していました。

だから正直、この旅の最中で最悪な事態が起きるかもしれない・・・そういう覚悟も持って、旅に出たつもりでした。


最後におじいちゃんに会いに行ったのは、旅立つ数ヶ月前。

大学のことでもすごくお世話になったし、旅の前に会っておきたかったので、感謝の気持ちと小さい手土産を持って会いに行きました。

その時、私の中で「これがもしかしたら最後になるかもしれない」と思ったことも確かです。



でも、まさか本当にそうなるとは・・・自分でも思っていなくて。

おじいちゃんが亡くなったショック、旅を終わらせなければいけない現実・・・いろんな感情がいっきに私の中にきてしまい、混乱してひたすら泣いていました。



でも、私の中で旅立つ前から決めていたことがありました。

それは、もしおじいちゃんが最悪の事態になったら、どこにいても日本に帰国するということでした。


なので、私は迷わず帰国の道を選びました。


家族と連絡を取りながら、帰国のチケットやビザの手配をしました。

不幸中の幸いにも、お葬式は3日後。

メールを見たのは亡くなった翌日だったので、何とか頑張れば間に合う時間でした。



そして、その日の夜、首都のリマへ向かいました。

バスの中で、何も考えられずにいました。


この旅のこと、終わるということ、自分の中でこの旅はこうだったなとか、ああだったなとか・・・日本に帰る前にどうしても考えたいのに考えられない。

ただただ、おじいちゃんのことを思い出して泣くしかありませんでした。


翌朝、リマに到着して、フライトの時間までに何かしようと思いました。

このどうしようもない気持ちを、どうにかごまかしたくてもごまかせなくて、ひたすら時間が過ぎるのを待ちました。



そして、4月18日、ニューヨーク経由で東京に帰りました。

30分遅れで到着し、そのまま急いで茨城へ。

帰ってきたのに、全然帰ってきた気がしない。

日本で流れる時間を受け止めることができないでいました。


そして、そのままお葬式会場で家族に再会してお通夜と告別式に参加しました。

奇跡的に時間にも間に会い、最後におじいちゃんに「ありがとう」と伝えることができました。


感謝の気持ち、旅の報告・・・最後におじいちゃんに話せてよかったです。

やっぱり、私は帰国して間違いなかったんだと思いました。



それから家に帰って、旅のことを考えるのを何度もやめようとしました。

でも、旅先で会った旅人たちがFacebookに写真や近状をアップするたびに、自分がすごく哀しくなりました。


私だって本当はそこに行くはずだった。

そこで、再会する予定だった。


落ち込んでたときに、何度も日本に帰ろうとしたけど、結局私は帰らなかった。南米まで来れた。だから、あとは自分で決めたゴールまで頑張っていきたいって、そう思っている矢先だったので気持ちは尚更でした。


自分の気持ちを整理するまでに、本当に時間がかかりました。

何とか紛らわせたくて、バイトしたり、友達に会ったりして。

一か月も過ぎると、少しずつ日本の生活にも慣れて来て、仕事も決まりました。



今は、旅での一日一日を思いだして、自分の中で消化しようと頑張っています。

長く長く伸ばしてきた糸が、いきなりぷつんと切れたように心の中がぽっかりとなってその穴を埋めようとしています。



まだ自分でもこの旅がどんなものだったかは、はっきりと出ていません。

もう少し時間が必要みたいです。




でも、私はこの旅で本当に多くの人に会えたし、たくさんの人に助けてもらえました。

もちろん、嫌な思いもしたことだってあるし、泣いたこともあったけど、友達に再会できたり、新しい発見をしたり。

旅をした11ヶ月間、たくさんのことが輝いて見えた素敵な旅になりました。


今はこのような形でしか旅の報告はできませんが、日本にいる皆さん、このブログを見て頂いてるみなさんには応援してもらい、本当に大きな糧になりました。

ありがとうございました。



事後報告になってしまい、すいませんでした。

旅でのいろんなことも、このブログを通してこれから書いていきますので、まだもう少しだけ見守っていてください。


本当にありがとうございました。


MEGUMI


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
leave a comment





プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。