卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ランキング作ってみた ~その1~


帰国して1か月弱。

仕事も始まり、毎日慌ただしい日を過ごしていますが、友人や旅先で出会った人と再会して楽しい日々を送っています!!



そんな中で、今回はいろんな人に聞かれる質問などを基に完全に個人的な主観でランキングを作ってみました。

学生時代に行った国は省いて・・・・


訪問国17ヶ国、318日に及んだ旅から勝手にランキング付け。


ではいきまーす。





良かった国は?



1位 パキスタン


2位 タンザニア

3位 イラン




この質問はまずいろんな人からされます。

迷わず答えるのがパキスタン!

いろいろ危ないイメージはありますが、本当に素晴らしい国でした。

まず一番に良かったのは人!!


その国を良いか悪いか判断するのって現地人の善し悪しで決まってきます。

特にバックパッカーは現地人と接することが多いので現地人の存在って大事です。

その中でも特にパキスタンは良かったです。

純粋なイスラム教徒が多く、イスラムの教えである「旅行者はアッラー(神様)からの贈り物」という考えが守られている国でもありました。


そして、第二に自然。

北部フンザの自然は最高でした。

最後の桃源郷と言われている理由がわかる場所です。


イスラム教に興味があった私にとって毎日が新鮮でとてもエキサイトできた国でした。



2位のタンザニア。

良いことも嫌なこともあったけど、最終的に楽しいと感じました笑

アフリカのイメージにはない美しい海が印象的でした。

ただ、アジア人差別があるのがちょっと嫌だったかな笑



3位のイラン。

男女のバックパッカーで大きな違いがあるのが、このイラン。

ほとんどの男性はイラン最高!と思いますが、女性は「?」という感じ。

っというのも、イランもイスラム圏。

パキスタンとは違い、国をあげてイスラムごり押し国家です。

男女の隔たり(男尊女卑とは違う感じ)があったり、外国文化をあまり受け入れないという点で私は楽しさを感じました。

その男女間の差が嫌だなって思う人もいますし、ましてやイランの女一人旅なんていったら性の標的にされます。

実際に私も痴漢やストーカーに遭って嫌な思いもしました。

が、それも含めておもしろかったです。





あ~パキスタンの自然。

2012 482




そして宗教。

2012 557



全てにインスパイアされました。







続いて・・・・


食べ物がおいしかった国は?



1位 スイス


2位 マレーシア

3位 トルコ




当たり前と言ったら当たり前、スイスが堂々の1位。

チーズとチョコが大好きな私にとって天国のスイス。最強です。

ただ、外食するとすごく高いww

コスパはあんまり良くないけど、安心して食べられるという点では最高でした。



2位のマレーシア。

マレーシアに限らず東南アジアの食べ物は本当に安くておいしいものが食べられます。

特にマレーシアは多民族国家ということで、チャイニーズ系からマレー系、インドネシア系など様々な料理を安く食べることができます。

私のおすすめは、チェというかき氷。

熱いマレーシアではおすすめの一品!味も最高でした。



3位、トルコ。

民間食堂一食400円~食べられるトルコ。

イランから入ったので食事に関しては高いな~と思いつつも、やはりクオリティが高かった。。

パンは食べ放題、店によっては無料でサラダを出してくれたりします。

このトルコから急激に太り始めたのは否めないww



ちなみに、ご飯がまずかった国は・・・・


中国、イラン、アフリカ諸国、ボリビアです。

中国はまずいというか、私には合わなかったです。

中華料理っておいしいイメージあるけど、日本で食べる中華料理と中国で食べる中華料理は雲泥の差でした。。

食堂で安く食べれますが、とにかく脂っこい。。。

どんだけ油入れてるんだ!!ってキレそうになったくらいww

それで、中国にいたときは胃の調子が悪くなって、最後の方はファストフードにかけこんでました。(ファストフードの方がヘルシーに感じるくらいです)


イランは外食産業をほとんど取り入れていないので、種類が3つくらいしかなくて毎回食べ物には困ってました。

アフリカは、腹にたまればそれでいい~みたいな感じのご飯、芋、ウガリ(とうもろこしの粉を水と合わせて練っただけのもの、無味無臭)などの炭水化物盛りだくさんメニュー。

ボリビア(というか南米)も同じように炭水化物中心で、しょっぱいものが多かったです。



あ~スイスの愛すべき料理、ロコレット。

IMG_4105.jpg

IMG_4106.jpg




チーズの山に埋もれたい。

IMG_4103.jpg






次は・・・


(値段、サービス、設備などを考慮して)

宿が安かった国は?



1位 イラン


2位 マレーシア

3位 ラオス、中国




私がイランにいたとき、ちょうどイランリアルが暴落してたのでとても安く泊まれました。

だいたいドミ(相部屋)で250円、ホットシャワー、Wifi付きが基本です。

この値段でこれだけの設備が整っているところはほとんどないです。(特にインターネット環境)

冬場にさしかかったイランでのホットシャワーは最強でした。



2位のマレーシア。

マレーシアのみならず、東南アジアはバックパッカーが多いので良い宿も自然と多いです。

暑いので特にホットシャワーは必要なし!ww

だいたいどこの宿もネットあります。一泊400円~。


3位のラオス、中国。

ラオスは東南アジアなのでマレーシア同様に安くて良い。設備もそこそこ。

中国は外国人は認定されたユースホステルにしか泊まれないという決まりがあり、宿探しが大変なものの、どの宿もだいたいネット環境があってそれなりに綺麗でした。

ただ、中国人バックパッカーが多いのでホステル全体がざわざわしていて、静かにゆっくりと~とはできません。

ラオス一泊400円~。

中国一泊500円~。



ちなみに最安値はパキスタンの一泊100円

宿に着いて、「いくら?」って聞いたら「君が決めて良いよ」と言われたので、「100ルピー(100円)は?」と試しに聞いてみたらOKもらえましたw


更に意外と宿が高かったのが、アフリカ

ケニア、ウガンダ、ルワンダ辺りは一泊1000円~。

なので、多くのバックパッカーはテント持ち歩いて宿の敷地内にテント泊。そうすると半額で泊まれます。(トイレやシャワー、キッチンは使えます)

私もテント生活してました。

下に敷くマットがなくて、背中が痛くなった思い出ww




イランの宿、雑魚寝スタイル。(これはかなり汚い方の部類、本来はベッドのところが多い)

2012 769


日本人だから悪くないよね~!!!!






続きまして・・・・


交通費が安い国は?




1位 イラン


2位 パキスタン

3位 ボリビア、アフリカ諸国




交通費=石油価格 と考えていただけるとわかると思います。

イランは石油原産国なので、本当にびっくりするくらい安かったです。

バスに12時間乗っても500円くらい、お金を少し上乗せしてVIPにするとリクライニング付きの広い席に座れます。

また、水やジュース、お菓子なども配ってくれるサービス!すばらしい!!!



2位のパキスタン。

パキスタンの物価にしては高いな~と感じたものの、バスは25時間乗って2200円くらいだったので、1時間100円くらいです。

電車もあるので、交通はそんなに不便はありませんでした。(ただ、交通機関がテロの標的になりやすいのは確かですw)



3位 ボリビア、アフリカですが、物価も安いのでそんなもんかなって感じ。

バスの座席が汚いので、ダニをもらってきて背中を刺されることもしばしばww





中国からパキスタンに抜けるバス。

2012 323


旅中は当たり前だと思ったこの不安定スタイル。今思えば死ななくてよかった。

これでカラコロムハイウェイ抜けるとか、中国もなかなかですね。



次回、その2に続く~


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
leave a comment





プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。