卒業旅行は世界一周!?

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

Category: マレーシア生活

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

サバ州 手つかずのタワウ国立公園


こんにちは!!

またまた更新を怠っておりました。

前々回のタイ編ですが、気づけば終わりです。

あの後、お世話になった方と再会し、またその方の家族にもお会いできて、

お家にまで泊めて頂きました!

本当にお世話になりました。

写真撮るのすっかり忘れましたww




その後、マイホームKLに戻り、相変わらずの日々でしたが、

古くからの友人に頼まれてコタキナバル(以下KK)まで行ってきました。


KKは、マレーシア・ボルネオ島サバ州にある町です。

サバ州はまさに皆さんが思う「マレーシア像」そのまま、ダイビングにトレッキング、KLよりもおっとりとした人柄のマレー人が温かくゆる~く迎えてくれますww

私が初めてマレーシアに行って、惚れたのもKKでした。


KKには友人が何人かいたのですが、この滞在期間中はあまり行こうと考えておらず、(日々の生活カツカツのため)

まぁ、次回かな~なんて考えていたのですが、

KKにいる友人が観光ビジネスを始め、日本人のお客さんと彼らの通訳をやってほしいということで行ってきました。

もちろん、全額あちら負担で!笑



今回は現場視察です!


サバ州にあるタワウ・ヒルズパーク国立公園に行ってきました。


実はここ、


一般の方には非公開の国立公園なのです!



といいますと、実はサバ州政府というのは自然になかなかうるさく、

規制をバンバン張っております。


ダイバーの中でも有名なのは、シパダン島ですね!!!

ここは本当に~~~美しくて有名なのですが、


1日にダイビングできる人数が制限されています!



なかなかの力の入れようですね。


そして、このタワウ国立公園もこれまでは、政府関係者または研究者のみに公開されていました。

が、私の友人が今回なぜか(笑)、政府から正式に許可証を貰い、

彼の会社を通した方のみ、この国立公園でのトレッキングが許されることになりました。


で、今回私も視察という形で彼らのチームに合流して、

実際にトレッキングに行ってまいりました。

(ちなみに、KKからタワウまでは車でぶっぱなしても7時間くらいかかります)



まず、ミーティング。

IMG_6487.jpg


KLの蒸し暑さから解放されて、非常に気持ちが良かったです!

まぁ、彼らのミーティングはミーティングではなく、ティータイムですね笑



そして、今話題のドローンを調整。


IMG_6491.jpg


操作したのはマーク氏。(一番手前の方)

今回、初めてお会いしましたが、気さくでとっても良い方でした!

彼は、以前日本人調査員と生物の研究をしていたらしく、

とにかく何でも知ってます!

森のこと、動物のこと、なんでも彼に聞けばOK!!


今回のドローンもジャングルにいる生態を見るために飛ばしましたが、

残念ながら途中でクラッシュしてしまいました。。ううまた今度ね!


ちなみに、一番左で写メってるのは、サバ州政府のとっても偉い方らしい。。

超気さくなおっちゃんで、BBQとか誘ってくれました!



しかし、このジャングル。

手つかずだけあって、



とにかく何もかもデカイ!!




大きな緑のセミ。


IMG_6486.jpg




ボールペンと比べたときのヤスデ。

IMG_6513.jpg



あとは、蟻が今までみたことない大きさでした。

足かまれたんだけど、すごく痛かった。。。




昆虫が大きかったら、もちろん植物も大きい!!

IMG_6518.jpg




ちなみに、こちらは世界で一番高い南国の木!

だそうです。

IMG_6498.jpg


何メートルだったかな、確か80mくらいあったと思います。

先が見えないくらい高かった。。。




そして、奇形な木もたくさん。

IMG_6515.jpg



滝や温泉もありました!!!

IMG_6524.jpg


IMG_6522.jpg




いやいや本当にすごかった~~~。

私は日帰りだったのですが、実際にはもっと上までトレッキング行けるので、

たくさん見るところがあります!


あ、興味のある方いましたら是非ご連絡ください。

友人にお繋ぎ致します。



個人的には特にジャングルファン(笑)でもないですが、大自然は本当に素晴らしかったです。

野生の動物もたくさんいるし、運が良ければレアな野生動物も見られます!

(ちなみに、非公開ですがこの国立公園にしかいない動物もいるようです)



あと、サバ州の東側が危ない、という方がいらっしゃいますが(外務省のサイトより)、

どのような根拠を持って言っているのか…ちょっと理解できません。

東側の治安が悪いと言われているのは、あくまでマレーシア人とフィリピン人の間のもめごとであり、

日本人は一切かかわっておりません。

私自身も、行ってみてむしろ平和しか感じなかった。。

人も自然も素晴らしいところでした。




久しぶりに行ったボルネオ島はやっぱり素敵な場所でした!

マレーシアに行かれる方は、ペナンやランカウイも良いですが、ボルネオ島の自然は大圧巻ですよ~^^


次回はKLのホーリー祭り★



ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
14

Category: イギリス留学‐準備‐

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

エージェント選び


お久しぶりです。

気付けば一か月以上も更新してませんでした。。
(いや~ん、いろいろ忙しくて)


今日は、イギリス留学のエージェントについて、実際に私がお世話になっているエージェントさんのお話も踏まえて書いていきます。

イギリス留学の無料エージェントといえば、beoSIUKが二大大手エージェント。

無料ながらも、出願などしっかりとやってくれます。

無料だと「何か怪しい・・・」とか思いますが(私も利用させてもらう前までは結構怪しがってました)、

二つともイギリス政府からバックアップを受けているのと、その他オプションサービスやIELTS講座などの収益から運営されているので、特に怪しくはありませんw


利用する前は、とりあえず自分でやってみようかな~なんて思ったりしてました。
(自分でやる場合はUCASというサイトを使うと、有料ですが志望校への出願を一気にやってくれます。)



ただ、出願というのは、自分で進めていくのは結構大変な上に時間を取られることに気づいてやめました。

何より、その時は猛烈にIELTSの勉強をしていて、あまり時間を無駄に使いたくなかったという気持ちがありました。


エージェントを使うにあたり、いろいろとネットで調べましたが正直どちらでもよく、こだわりはありませんでした。

というのも、ネットの評判=カウンセラー次第、という結論に至ったので、どちらが良いとは一概に言えないのかな、と思いました。

その時はすでにマレーシアで生活をしていたので、同じ内容の問い合わせを二つの会社に同時に送って、先に返事があった方を利用する!というコロコロ鉛筆的な方法で決めました。

ちなみに、beoがすぐに来たのでbeoにしたのですが、SIUKは返事すらありませんでしたw




二大大手エージェントと言っても、それぞれ特徴があります。


beo

→実際にはこちらの会社を利用しました。

契約時にデポジット金2万円を払います。

(※契約してから2年以内にbeoを使っていなくてもどこかに進学すれば返金されます)


最初のSkypeカウンセリングの人はものすごく勢いのいい人で内容を聞き取るのが大変でしたw

ネットの評判通り、「引っ張っていってくれる」感じそのものでした。

多少ビジネスライクなところはありますが、私はあまり気にならず、むしろマレーシアで現地のゆるっとした生活に慣れてきていた私にとってはお尻を叩いてくれる人がいるのは良いことだったと思います。

最初のSkypeカウンセリングで根掘り葉掘り聞かれww、そこからある程度私に合う大学院を7~8校絞ってくれました。

その後は一つ一つ自分で調べて、気に入った2~3校を出願校になりました。

調べるときに注意する点や確認しなければいけないところなどもしっかりと要点を教えてくれたので、良い大学院を見つけることができました。


サポート内容はほぼ同じですが、beoは志望理由書添削一回、SIUKは無制限。

ここは大きな違いですね。

ただ、私はシェアハウスに住んでいてネイティブスピーカーや元大学教授もいたので、彼らにたくさん助けてもらって志望理由書を書き上げました!

beoと正式に契約してからは違うカウンセラーに移りましたが、いろいろと相談に乗ってくれる良い方です。

何より、すべてのレスポンスや仕事が早い!!

イギリスの大学は以前話したように早い者勝ち制度なので、その辺はちゃんと配慮していてくれているのでしょうか。

志望理由書の添削のお願い~出願まであっという間にやってくれました。


また、いろいろと無料のセミナーやカウンセリングなどをやっていて、

帰国してから勧められた「英語学習カウンセリング」というものに行ってきました。

これが本当に良かった!!

無料だから期待してなかったし、絶対IELTS講座とか強引に勧められるよなぁ~と思ってたのですが、

実際にはものすごく具体的な学習プランやお勧め勉強法を教えて頂きました。

IELTS講座は最後の数分間に言われただけでした。

大変、有意義なカウンセリングで感謝でした!!
(これが無料なんて!)


ちなみに、beoのIELTS講座はなかなか高いのですが、先生は現IELTS試験管だそうです!






SIUK

→出願のエージェントとしては利用しなかったものの、IELTSフルタイムコースを一か月受けました。

ネットの評判通り、ゆるっとした雰囲気。

IELTSコースは大変満足できました!

IELTSをフルタイムでやっているコースがここしかないこと、また値段も他に比べたらかなり安かったのですが、

先生たちは本当に良かったです。(ある一人を除いては・・・・笑)

先生も良かったし、運よく一緒に学んだ仲間とも本当に楽しく学べました!!


11181991_1208804419145771_6321302177344405203_n.jpg




最後の日はみんなでドーナツ食べたりゲームしたり、火星の話したりしました!

楽しかった~^^


11210500_1208804432479103_3129424792400211288_n.jpg



ちなみに、先生は毎日午前と午後でランダムに振られてきます。

IELTSの中でもリーディングとライティングに時間をかけていたイメージです。

何人かイケメンの先生もいたので、目がほくほくしました~^^




ただ、このSIUK・・・・いくつか不満もありました笑。

まずは、ライティングの添削が恐ろしく遅いので、自分から先生に催促。

そして、事務が相当ヒドイ・・・。


・新しいコースや講座のときに必要な教科書は絶対に足りなくなる。(なぜか毎回)

・その教科書は約束した日には絶対届かない。

・融通が全然効かない。



教科書の件については、一度キレたことがあって、結局返金してもらいました。
(その時の講座はたった3日間の参加だったにも関わらず、教科書を発注していなかった。遅れたのはGWだから出版社がやっていなかった、とか配達が遅れた、とか呆れる理由・・・そんなのはちょっと考えればGW前にわかるでしょ)

しかも、こういうことを毎回繰り返してた。

入金に至っては、休みの期間にFAXしろとかなんとか寸前でいろいろ言ってきてました。

だったら、期日を早めに設定すればええやん~とイラッとさせてもらいました。


言い出したらキリはないんだけど、とにかくここの事務は全然できてなかったです笑。






二つのエージェントの比較はこんな感じです。

お互い良い面も悪い面もあるので、一概にどちらが良いとは言えませんが、結果的に出願校全部に合格を貰えたのでbeoさんには大変満足しています。

来年の入学がとっても待ち遠しいです!!!


これからイギリス留学をお考えの方で、日本にいるなら両方のカウンセリングを受けてみてもいいかもしれません~!

無料のエージェントを使うことで、進学に関する知識だけではなく、時間を有効に使えるのはとってもプラスだと思います。



ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
21

Category: タイ

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

電車が通る市場、メークロンにお出かけ


お久しぶりなタイの続編です!!!

すっかり時間が経ってしまいましたが、途中ではやめたくないので最後までしっかりと書いています。



前回、電車でバンコクに無事に到着してWilliamとバイバイ。

彼はそこからチェンマイを目指すとのこと。

私は、そのままバンコク滞在することに。


バンコクと言ったら、



カオサンロード!



言わずと知れたバックパッカーの超有名ストリートです。

カオサンは今まで何回来たことか・・・。

特別好きなわけではないのですが、いろんな変人いるし、カオスってる感じが結構好きです。


そこで、宿は違ったのですが、日本人の方数人と仲良くさせてもらいました。


10943496_823041134410580_857156046_n.jpg



学校以外で会う久しぶりの日本人!!!っていうか、バックパッカーにちょっと感動!!!

他にも何人か仲良くさせてもらい、私たち5人は午後~朝方まで語り明かすというのが何となく日常化していったころ。


メーンクロン市場という存在があることを知りました。

線路の上に市場ができていて、電車が通る時だけたたむ・・・らしい笑

そこは、テレビでも何度か放映されている場所で、バンコクからだとなかなかの距離。(ぎりぎりデイトリップで行けます)

バンコクで観光ってのも特にないし、やることもなかったので、私たち3人はメーンクロンまで行くことに。



朝5時にバンコクを出発!!!

電車が通るときを狙わないといけないので、行きはタクシーを使いました。

(チャンスは朝一回のみです)


タクシーの運ちゃんが行先を聞き間違えて、私たちをぼったくろうとしたのですが、結局は大損するハメになってちょっとラッキー!

一人200バーツで行けました。

普通はバンコクから出るのを嫌がるそうです。そしてこの値段はなかなかの破格!?



結局、車を使っても1.5時間前後かかりました。

早めに到着したので、近くのマーケット見学。



IMG_6403.jpg


IMG_6402.jpg


IMG_6408.jpg


IMG_6413.jpg



良いですね。この電車なんかありません、という感じ笑





時間寸前になると、この人!!!!!

10956054_392828270886680_161684885_n.jpg




ヤバイ・・・・・


思いのほかライバルが多い・・・





ほとんどが、観光バスで来る方々なので、このイベントが終わるとバスで帰ります。

私たちは、電車から撮影することに。(そのまま乗り継ぐとバンコクに帰れます)




スタンバイOK!!!!


1.jpg

2.jpg


私たち3人は、バラバラに別れて一回しかないチャンスを狙いました。(どこからでも撮影できるように)




途中、なかなか出発せずに、車掌のものと思われる備品で遊ぶ。

3.jpg





そして、電車は出発!!!!!!

私は、狙っていた最後部の運転手席へしれっと入ろうとしたら、






NO!!!!!





あれ????話と違う???笑

行った人の話とか聞くと入れたって・・・・笑


何回か懇願するも、NO!!!の一点張り・・・


そうこうしているうちに電車はマーケットの中を抜ける・・・笑


こうして、まともに見れない&撮影できないまま終わりました・・・笑



なぜ、そこまで頑なに断られたかというと、その日はツアーできた二人のお客さんがいました。(西洋人と日本人)

まぁ、その方たちは高いお金を払ってそこの特等席を確保しているわけです。

なので、車掌からするとふらっときた私たちは入れてくれないわけです。(賄賂渡したら大丈夫だったかも)


そして、彼らが見事に撮影成功した動画を見せてもらってひたすら感動しました笑



何とも残念な結果になってしまいました。

ちょっと意地悪な車掌さんでツアーの人がいたという不幸が続いてこうなりました。。

なので、これから行かれる方は賄賂も視野にいれましょう!!笑



こうして、私たちはそのまま電車やバスを乗り継いで、3時間かけてバンコクに帰りました。

いや~お金をかけない旅って楽しいけど、時間かかるよね!笑



帰り際の寂しそうな私たちの顔!!笑


IMG_6423.jpg

5.jpg




結果は残念でしたが、みんなで行けて本当に楽しかったです!!

おいしいものもたくさん食べれたし~!


次回はバンコクで再会編です!


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
16

Category: イギリス留学‐準備‐

Tags: ---

Response: Comment 3  Trackback 0

イギリス大学院へ進学の道は未だに険しい!


こんにちは。またまた、ご無沙汰でおります。

日本はすっかり春らしくなって、過ごしやすい天気に季節を感じる自然がとっても嬉しい今日この頃!!


今回は、前回までのタイのお話を少し中断して、最近のことについて書いていきたいと思います。
(なので、今回は写真一切なし!ごめんなさい~)

マレーシア生活時代から密かに進めていたイギリス大学院進学


このお話をする前に、かなり特殊なイギリスの出願~入学までの過程について説明したいと思います。




①合格は早い者勝ち!

日本の出願システムだと、開始時期~終了日までに出願をして、そこから選ばれた人のみがいける流れになっていますが、イギリスは早い者勝ち制度!

通常、11月頃~出願受付開始。

書類が整った人から出願をし、定員になり次第終了!というう形を取っています。

なので、早く出願した方が席がまだたくさん残っているので、合格しやすいということです。

ちなみに、出願が増えるのは12・1月頃だとか。




②二種類の合格制度!

大学院に出願に必要なのは、主に以下のこちら。


・大学学部時代の成績証明書
(GPAは各大学の指定した以上の数値が必要になりますが、イギリスではGPAの算出方法を国で統一しているので、日本で出されたGPAとは数値が大きく異なる場合があります)

・教授からの推薦書二通or一通と職場の上司から一通

・志望理由書
(大学の指定された内容を書く。だいたいレポート用紙2枚程度)

・IELTS(国際英語試験)のスコア証明書
(学部によって指定スコアは多少違いますが、本コース入学はOverall6.5~)


以上、大きく分けて4つの指定された書類が必要になります。

そして、受験者の一番の鬼門となるのが、IELTSの点数。。。

これには、本当にお金もかかるし、点数伸びないし・・・ってイライラすることありますよね。。。はい。。

出願時点で全てが整っているのが、一番望ましいのですが、IELTSの点数が足りない場合は、スコアなしでとりあえず出願をすることが可能です。

何にせよ、早い者勝ちなのでね!

そこで、イギリスでは二種類の合格があります。


Conditional Offer (条件付合格)

IELTSなどの点数が足りない場合は、入学までに満たせば本コースに入学できるという条件に合格を出してくれます。


Unconditionla Offer (無条件付合格)

そのまま本コースに入学可能です。


日本にはない制度ですが、何ともFrexibleな考え方をお持ちのイギリス様!




③懐の大きいDefer制度!

さて、頑張って勉強してもIELTSのスコアが伸びなかったり、お金が用意できなかったり(イギリスの学費がほとんどが州立・国立ですが、学費はべらぼうに高い!)、と問題があった場合、せっかく合格を貰ったのに~!なんてこともよくあるらしいです。

そこで、ほとんどの大学にあるDefer制度。

これは、大学側に入学の意思はあるが、何かしらの問題が生じたとき、大学が承認したときのみ、入学を来年に延期できるシステムです。

デポジットがかからない大学もたくさんあります。

なので、来年また受験し直し!なんてことしなくても大丈夫なのです。自分の席は来年のために~!ってところでしょうか。




っと、なんとも寛大なイギリスの大学・大学院!

素晴らしいですね。







そして、私のひっそりと進行させていたイギリス大学院進学。





なんと、地味に合格しました!


出願したのは、以下の二校。


・University of York MA in Post-War Recovery
(ヨーク州立ヨーク大学 修士課程 戦後復興学専攻)

→条件付き合格


・University of Sussex MA in Conflict, Security and Development
(サセックス州立サセックス大学 修士課程 紛争と安全保障の開発学)

→条件付き合格



何で条件付きかっていうのは、まだIELTSと格闘(もはや乱闘)しているからです。


実は、3月下旬に最後だと思っていたIELTSを受験したのですが、Writingのセクションで0.5点足りずに第一希望のヨーク大学Pre-sessionalコースに入れなくなりました。

Preコースは事前の英語コースですが、最終試験で合格すれば、そのまま本コースに入学できます。

ヨークの場合、他の大学よりPreコースの入学条件が厳しく、Writingのみ6.0以上という条件でそれに届かず逃しました。。

もはや、悔しいというか・・・敗北感でした。



ちなみに、Sussex大学であればPreコースからの入学は可能で、Sussexに行くものと考えていました。

しかし、いつもなら寝ればいろんなことを忘れえる私も今回は心の整理がつかないというか、諦めがつきませんでした。

Sussex大学の開発学は、世界から評価されるほど素晴らしい大学だということもわかっていましたが、やっぱりYork大学のプログラムに参加したく、またこちらの方が私がやりたいことがピンポイントで学べる利点が大きかったのです。

世界のトップ大学にも入っている、このYork大学から合格を頂けたのに、自分の責任でそれを無駄にしてしまうのも哀しい上にとても悔しかったです。


まぁ、そんな感じで「どうしようかな~」なんて思っているときに、親から言われたのが、「あきらめずに頑張りなさい」という言葉でした。

そういえば、小さいときからそんなことを言われて育ってきたから、

良く言えば、粘り強い

悪く言えば、しつこい


そんな私が育ったんだと思います笑


そして、「IELTSが足りないなら塾とか講座とか行けばいいじゃない。お金、出してあげるから頑張っておいで」。

そう後押しされて、4月下旬より毎日IELTS講座に通っております。

今からだとPreコースには時期的に間に合わないので、このまま本コース入学を目指します。

IELTSl条件は、Overall6.5以上(各セクション必ず6.0以上)です。

前回のスコアから考えても、どのセクションも最低0.5ずつ上げないと届かないということになります。

(期待しても期待に届かないのがIELTSですが)、SpeakingとWritingをぐっとあげられるように頑張ります。

この2セクションは、特に自分で練習ができないので、かなり難しいところですが、ここまで来たら覚悟を決めてやるしかないですね。。



そして、6月に2回ほど受験して、その結果次第で今後の進路が決まります。

なので、未だに無職でおります。

非常に寒くなってきましたー!!!!(心が、懐がw)


しかし、こうやって少しずつ前に向かっていけるのも周りの協力があったからです。

本当に感謝。


未だにIELTSと格闘している、そんな頭の冴えない自分に多少腹立つこともありますが、授業の仲間と先生に励まされながら頑張っています。


結果次第では、来年もまた日本にいるかもしれませんが、そんなことになってもどうか温かく見守って下さいませ。

もちろん、進学を諦める気はさらさらありませんので!


それでは、長くなりましたが、これにて終了!

少し経ったら、IELTSの勉強法とポイントも書いていこうと思います。


それでは、また~!


ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
14

Category: タイ

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

バンコクを目指す!


こんばんは!

私事ですが、先週、日本に帰国しました。

帰ってきてから、雨が続いてとても寒いです・・・。

まだ、いろいろと決まってないことが多いので、はっきりしてからここでもお話します。



さて、今回は前回の続き。

VISARUNのためにタイを訪れて、Williamに再会。

ヒッチハイクやローカル電車を経て、チュンポンに到着しました。

チュンポンには一泊のみで、翌日にはプラチョップキリカンへ移動しました。


朝焼けの駅は気持ちが良く、綺麗です。

IMG_6377.jpg


IMG_6379.jpg



ここで、Williamと喧嘩になりましたww

くだらないことなんですが、二人旅には付き物ですね。

彼の少年の性格のようなお陰で、すぐに元通りでした!




その後も、ゆっくりと各駅電車の旅。(各駅電車の方が圧倒的に安く行けます)

ギター演奏もタイならできちゃう。


IMG_6342.jpg



電車や田舎の風景も素敵です。

IMG_6368.jpg


IMG_6344.jpg


IMG_6351.jpg


IMG_6370.jpg


IMG_6371.jpg


IMG_6374.jpg





こうして、私たちは無事にプラチョップキリカンに到着!!!

この町は海に面しているので、海鮮に期待!!!!

(普段、住んでいるKLは内陸で海鮮が高いので)


そして、何よりもゆっくりとした雰囲気や潮の良い香りがたまりません!


IMG_6383.jpg



オフシーズンだったのか、観光客は全然いませんでした。

自転車を借りて、炎天下の中サイクリング。

私はビーチで止まってまったりしてました。


夜は屋台!!!

毎週末は、ナイトマーケットの日で町はにぎわっています。


IMG_6387.jpg


おいしい食べ物がたくさん!!!

これこそ、タイの一番の目的です。

マレーシア料理も好きですが、どの民族料理とっても油っこく、野菜が少ないので、さっぱりとした味で新鮮な野菜をたくさん使うタイ料理がなんとも魅力的。

海鮮もたくさん食べて満足しました!!



このプラチョップキリカンでは二泊しました。

Williamは相変わらず、魚のように動きまわってましたが、基本私はまったり過ごしました。



そして、ここから直接バンコクに行くことに。

地図上では近いのですが、ローカル電車に乗るとぐいっと大回りをしてバンコク近くの街に停車します。


バンコクは5年ぶり、3回目になります。

電車の中でもわくわくは止まらない!!


IMG_6390.jpg




こうして、約8時間後、バンコクに到着。

Williamはここから、そのままチェンマイへ移動するとのことでバイバイしました。

ここまでの5日間、いろいろと楽しませてくれてありがとう!!

喧嘩も良い思い出だよ。

彼の少年のような心には、たくさん振り回されたけどww、こんなにタレント性に富んだ人は見たことがありませんでした。

音楽でも絵でも自然のことでも、いろんな彼のアイディアがたくさんの人を笑顔をしているのは確かです。

本当にありがとうね。

もうちょっと素直になってねww


IMG_6363.jpg



こうして、無事にバンコクに到着した私。

それでは、次回からはバンコクのお話!

ランキングに参加していますので、ぽちっと押して頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

MEGUMI

Author:MEGUMI
大学卒業後の1年間の旅をし、何となくマレーシアに移住。
現在はイギリスの大学院で戦後復興学の勉強をしています。

My Twitter
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。